「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それで良いの!? 

それで良いの!?


のっけからデカイ文字で書き始めました。

ちょいと気になったことがあったので、2点ほど書いてみようかと・・・


先日も書きましたが、野菜の直売所などで見る、いわゆる『生産者の顔の見える安心野菜』の事です。

少し前に某週刊誌で『直売所などで見る生産者の名前や写真入りの野菜は、中国産などより比較的安心できます』と言っている消費者の感想を見つけました。

先日自分のブログで書いたばかりですが、しつこく書いてみます。

もちろん全てがそうではないですが、中国産であろうと、名前があろうが、写真があろうが、そんなものは何処ぞの知らないおじさん&おばさん農家さんであって、農薬を使っているかどうか分かりません!

重要なのは何回農薬を使ったか?
あるいは無農薬なのか? 
化学肥料は使っているか? など

いつ、どこで、だれが、どのような資材を使って、どんな方法で栽培し、どのように流通されたかを、知ることができる生産履歴(トレーサビリティー)であって、決して農家さんの顔写真や名前が重要ではないんです!!

極端な話、中国産でも本当に偽装なしの正真正銘有機農産物なら、国産の農薬使用の野菜より安全です。

そんなのは野菜売り場の単なる宣伝でしかありませんよ!!




それからもう一つ。
僕にも数人の知り合いがいるので、これ書いたら不味いかな~?って、書こうかどうか迷っていた物があります。

でも、この際だから書いちゃいます。
(ごめんね、知り合いのみんな・・・でも余りにも意外だったので。。。)


先月の事ですが僕の知り合いが、某野菜や果物のスペシャリスト養成協会の講演会があったので行ってきたそうです。

ひとしきり講演が終わって、その後の質問タイムにその方は「今、話した野菜や果物の話は有機など特別栽培が前提の事か?」と尋ねたそうです。

以下 スペシャリストさんは=S  知り合いの方は=W で行きます。

S 「有機ではありません。
   有機などは国内全生産数の1%に過ぎないので、前提ではありません」

W 「では、有機などの特別栽培物をどう思われますか?」

S 「有機など無理です!
   私の実家がニンジン農家をしていますが、農薬を使わなければニンジンは
   絶対二股になります。
   そんなニンジンは売れないですから、農薬は使わなければいけません」

W 「私の知り合いに自然農法で野菜を作っている人(耕作人の事)が
   いますが、別に普通のニンジンを持って来てくれますよ!!」

S 「そうですか。。。
   でも全体のことを考えたら農薬は使用しないと生産量が追いつけませんよ」

W心の中で 《あ、この人は消費者の健康なんか考えていないんだ。
        協会が儲かればいいんだ》 

と感じて、それ以上突っ込む事は止めてしまったらしいですし、協会Sさんもそれ以降その人とは目線を合わせないようにしていたらしいです。

その後も協会ではこんな企画があります。
それにはこれ位の金額がかかります。。。などなど協会の儲け話ばかりで嫌になったそうです。


まぁ、どちらかと言うと新興の協会だし、積極的になるのは分かりますが。

が!! 農薬まで肯定するとはビックリし過ぎました!!

もちろん協会内のスペシャリストさん全てが農薬肯定派じゃないことは知っています。
僕の知り合いの協会スペシャリストさん達は、全て農薬否定派ばかりですから。


願わくば消費者だけじゃなく、協会の方々にも農薬否定派を増やしていって欲しいものです。

頑張ってね~ 知り合いのスペシャリストさん達!!
スポンサーサイト

Comment

Name - たつま  

Title - 

これってもしや、僕の関係ある協会のこと??

「絶対に」って言い切りましたか(苦笑)

協会としても難しいところでしょうね、そのあたりは。
協会内で実際に栽培したことがある人はごくわずかですから。。。

少しずつ、そういうことを僕も働きかけていきます。

2007.10.25 Thu 11:49
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎たつまさん
ハイ、残念ながら・・・その協会です。

「絶対」と言い切ったらしいです。
40歳前後のスペシャリストさんだったらしいです。

それから文中に書き忘れましたが、地産地消の話をしていながら、今の旬の野菜は何でしょうとクイズを出して、答えがトウモロコシだったそうです。
9月の講演だったらしいですが、「愛知県のトウモロコシの旬は6~7月で、それって北海道産じゃないの?」とWさんがまた突っ込むと、無視されてしまったそうです。

せっかく良い趣旨で動いている団体ですから、そのあたりも改善していくと良いですね。
期待しておりますぞ!!

2007.10.25 Thu 17:00
Edit | Reply |  

Name - まつもとっこり  

Title - 

農薬を使わなければニンジンは絶対二股になります。
ってすごいこと言いますね・・・。
二股になるのは農薬の有無が原因じゃないのに。
誰だって間違いはあるでしょうけど、それを多くの人に伝えてしまうのは問題ですね。
たつまさん、そのへんを正していってください。
期待してます!ってここで言ってもダメ?
2007.10.26 Fri 00:51
Edit | Reply |  

Name - たつま  

Title - 

まつもとっこりさん

ここでレスするのもなんなんですが。。。
(耕作人さん、スイマセン!)

人参の件は、ある意味暴言ですね(汗)
すでに影響力のある団体になってますからねぇ。。。
今後、そういう機会があったら言っていきます!


耕作人さん

今回のこと、詳しく知りたいです。
誰が言っていたか、会場はどこだったか等々・・・
また教えて下さい!

2007.10.26 Fri 18:45
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎まつもとっこりさん
どうもこのスペシャリストさんは農薬を使わないと、売れる野菜は作れないと思っている伏しがあるみたいです。

同じ協会仲間のたつまさんがいるのにね~。






 ◎たつまさん
当事者のWさんって方に聞いておきます。

僕ら半端な農家じゃなくて、有機や自然栽培とかでバンバンに成功している農家さんの圃場見学でも仕込んだら?
2007.10.26 Fri 21:14
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。