FC2ブログ

「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

次の世代へ 

ふ~~~、トマトの自家採種を終了。
自家採取用に残しておいた、こんな綺麗な5個の中玉トマトから176個の種が採れました。
トマト(サブレ)07/11/9自家採種用

でもまだ1種類終わっただけなんだよね=。
あと1種類やらないと。。。。。。 ((( ・o・)

来年のトマトの目標は自家採種品2種類と、新しく種を買う2品種の、計4品種を各100株ずつ、合計400株を栽培する予定。

今年の実質2.5倍ってとこです。

耕作人如きがキチンと栽培管理できるんだろうか??
。。。。。一抹の不安が




ところでどうして自家採種なんてしているかって?

大根とかのアブラナ科の野菜やピーマンなんかは比較的簡単に種がとれるんですけど、ト~マ~ト~はハッキリ言って面倒くさい!

種の周りにゼリー状の薄皮があって、それを綺麗に取ってあげる最終作業の細かい事!

そんな面倒くさい事をせずに、種なんて買ってくればイイジャンと思いませんか?


ウンウン、確かに面倒くささ度から考えればその通りなんですけど、自家採種をすることによって、前作の土壌環境の記憶を種に残してあげたいんです。

無肥料栽培である自然農では堆肥や肥料を施さないので、少しずつその環境になじんだ記憶の種から育てていく事が、とっても大切なんです。


ある方によれば、その土壌環境に強い野菜の種になるには、8代ほどの世代交代をしなきゃいけないそうです。
(人間なら3代暮らせば、その土地の人間って言われるのにね!?)


で、今回の自家採種トマトですが、来年も同じ場所に栽培する予定。
トマト栽培において駄目だと言われている、いわゆる連作ちゅうやつです。

と言いますか、その畝では今年も別品種ながらトマトを連作しております。

え!? 連作障害ですか?

特には無かったですよ。
特に無かったどころか、去年より出来が良かったです!!


連作障害に関しては、かなり疑問を持っています。
連作障害って過剰に肥料や堆肥を施して、その結果土壌環境が変化して起こるものなんじゃないかな?

トマトに毎回連作障害が起きるなら、自然界からトマトってなくなってるんじゃない?
だって植物は移動できないんだし。


話は変わってこれなんでしょう?
採り残しジャガ畝

答えはこれ。
採り残しジャガ07/11/5

ジャガイモです。

1枚目の写真は今年の春作のジャガイモの取り残しが、何もしていない草むらの中でスクスク育ってきたもの。

ジャガイモもナス科で連作厳禁と言われていますが、小ぶりながら綺麗なジャガイモが顔を出してくれました。


連作は自然の循環を示してくれるとっても良い先生です。

但し、化学肥料や堆肥を入れていては意味が無いと思いますよ!
あくまで自然環境を再現してでの、無肥料無堆肥の自然農法の連作じゃないと。


スポンサーサイト



Comment

Name - サユール  

Title - 

トマトの種採りは中のゼリー部分を掻き出したら、それをビニール袋に入れ、口を縛り1週間ほどそのままにしておきます。そうすることでゼリーの部分が発酵するので、後は水洗いだけで簡単に洗えますよ。

ナスも種取は面倒だったので、今年は種の詰まっている部分の果肉を硬いまま大まかに取り出し、袋に入れておいておきました。そのうちこれも発酵してくれば時々袋の上から揉み解していき、だんだんばらばらになり、果肉がドロドロになったころに取り出せば水洗いだけできれいになります。ドロドロになっても無肥料のはちっとも臭くならず、むしろバナナのような甘い匂いがしますね。

発芽テストはまだしていませんがおそらく問題ないと思います(ちなみにトマトは問題ありません)。
2007.11.10 Sat 19:27
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎サユールイトシロさん
ハハハァー(笑)
まったく無知なもんで。。。

今まで量が少なかったから地道に採っていましたが、そのやり方ならたくさんの量でも手間がかからなさそうですね?
次回からはそのやり方でいきます。
2007.11.11 Sun 11:57
Edit | Reply |  

Name - 髭。  

Title - 

こんばんは。
先日、畑に伺った時に、このトマト試食させて
頂きました!
メチャうまでした!!!!
2007.11.12 Mon 02:59
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎髭さま
いつも有難うございます!
このトマト、味もさる事ながら、尖がり姿が可愛くて好きです。
来年はトマトの数も増えるので、このトマトはハウスの面積的に露地になってしまいそうです。

ハウスから出るともしかしたら糖度は減るかも知れませんが、その分太陽の日を浴びて、旨味が増すのではと思っています。

こうご期待という事で。。。
2007.11.13 Tue 13:17
Edit | Reply |  

Add your comment