FC2ブログ

「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

見学者 

今日は久々にゆっくりと、いやゆっくりでは無くて、大忙しなんだけど、どっぷりと畑仕事に精を出しています。

今日は愛知白玉ねぎと言う愛知の伝統野菜に指定されている早生玉ねぎを定植中。
で、今はお昼ご飯&パソコンのチェック中。


今週と先週はなぜかバタバタすることが多くて、玉ねぎの定植が出来なくてこの週末は大忙しです。



何がそんなにバタバタしていたこと言うと、地域情報誌の取材と、臨時出荷と、畑への見学者の応対でせせこましく動いていました。


地域情報誌のことは気になることが有るんで、またそのうち書くとして、見学について書いてみようかな?



今年は農業仲間さんからの紹介というか代理講師(?)役もあったんだけど、プロのコックさんやこれから農業を始めたいとか、自然農の畑を見てみたいと言う人の来園が10件くらいありました。
 (まぁ、多い人はもっと多いんでしょうけど。。。)
そして来週早々にももうお一方、プロのコックさんが見学しにくる予定です。


プロのコックさんの話はとりあえず置いとくとして、これから農業を始めたいと言うか、自然農を目指したいという訪問者は、自分にとっても新鮮です。

やはり希望に満ちた目をしていますから、自分にもさらに気合いを入れてくれます


インターネットで自然農法や自然農という言葉を検索すると、意外に実践者が多いことに気付かされます。
ただ、中には自然農法とは名ばかりで、堆肥を入れている人もいるので、見学をする際にはその辺の事を事前に確認しておく必要があるでしょう。


ここ最近は20代の若い方が来園しています。
僕のように畑がまだ3反しかなく、失敗中の作物もある畑が参考になるかどうか分かりませんが、来園された方には取り合えず包み隠さず現状をお見せするようにしています。

そしてあぐりーも流の作業などをお見せしています。
(あぐりーも流の基本は川口由一氏の自然農です)

先日の20代の方は有機栽培を目指していた方ですが、自然農にも興味があり見学に来てました。
見たかったことは本当に耕さず土が柔らかくなるのか?
無肥料で作物が出来るのか?と言うことみたいでした。

実際に畑を指で穿ってもらって、すぐ隣の慣行農法で耕している畑の土との柔らかさの質の違いに感心していた様子でしたし、堆肥も入れていない畑で立派に育っている作物にもビックリされた事でしょう。

特にその方が苦手としている野菜を、すんなりと食べれた事は新鮮だったようです。
無肥料・無堆肥の野菜は素直な味なので、体にスッ入って行きますから。
そう言えばトマト嫌いな僕の友達も、「お前の所のトマトなら何故か食える」と言っていたのを思い出します。


帰るころには少しだけ自然農を取り入れてみようかという気持ちになって帰って行ったようです。


僕の勝手な想像ですが、あと10年以内には今の有機栽培と同じくらいに、自然農法の認識度が高まると思います。
プロのコックさんの食材への関心度を見ていると、そう感じます。

自然農法従事者と言うライバルが増えるのは、商売上悩むところですが、農業界全体の事を考えれば、良い流れだと思ってます。

僕自身もまだまだ未熟な自然農法従事者ですが、農業界の為に微力ながら力になれればと感じています。





スポンサーサイト



Comment

Name - TAN・KEI 安藤  

Title - コラボ漬物第2弾!

いつもお世話になります(^^)
あぐりーもさんで育てられた「愛知の伝統野菜漬物」第2弾ができました。
今回は特に数量限定なので、TAN・KEIのイベント販売のみの取扱いですが……。
トラックバックさせていただきましたので、ご確認ください。
2007.11.10 Sat 21:47
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎TANKEI安藤さん
いやいや、自分で育てた野菜がこういう風に商品になるってのは嬉しいもんです!
ニンジンも今から楽しみです。
2007.11.11 Sun 12:00
Edit | Reply |  

Name - 石川絵梨  

Title - 

いつも読んでいます。

あぐりーもさんの畑に、自分と同じ世代の人が見に来るのは、とてもうれしいです。農的生活が主流になる時代を創るのは、私たちの世代ですよね。がんばりましょう!

ところで、9月から自然農を始めた畑に、巨大カタツムリが大発生しました。大根の葉をルッコラをひたすら食べています。売り物ではないので、いまのところカタツムリをかわいがってますが、そのうちカタツムリを食べてくれる生き物が現れるのでしょうか。でもヘビだったらいやだな。

自然農はこういうのもおもしろいですね。
2007.11.12 Mon 22:28
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎石川さん
新規で農業を始める人は、やはり有機や自然農が多いようですね?
時代の流れですよ! 完璧に!!

12月に玉ねぎの定植が一段落したら、そちらの畑も見せてもらおうかな!?
そん時は宜しくです。
2007.11.13 Tue 13:21
Edit | Reply |  

Name - 石川絵梨  

Title - 

あぐりーもさん、ぜひ見に来てください。

でも、今自然農しているところは、畑のかたすみの畳6畳分くらいしかないですよ。6畳にカタツムリ大発生です。

本業がおろそかになってしまうのが怖くて、今まではあまり手をつけていませんでした。でも、もう我慢できないので、春にはもっと広げていろいろな種類の種を蒔こうと思っています。
2007.11.13 Tue 23:24
Edit | Reply |  

Add your comment

Trackback

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  【漬物】 愛知本長茄子酒かす漬!
  • こんにちは、スタッフの石川です(^^)今回は「自然農園あぐりーも」さんとのコラボ商品第2弾のご紹介です!第1弾は前々回にご紹介させていただいた「青大胡瓜白たまり漬」でし...
  • 2007.11.10 (Sat) 21:40 | 和工房TAN・KEI’s blog