FC2ブログ

「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

植物性堆肥 

さ、寒いっす!
今週はこの時期にしては、異様にサ・ム・イ

ただ去年の日記を見ていたら、似たような天気で、やっぱり寒さの後の少しだけポカポカ陽気が戻ってきていた。
来週はそんなポカポカ陽気の1週間になりそうです



ちょっとお休みしていた自然農法の事に関して、また長々と書いていきます。

自然農法に関して家畜糞堆肥は以ての外と散々書いてきました。

じゃあバーク堆肥など、いわゆる植物性の堆肥に関してはどうなのさ?
これなら家畜糞堆肥に比べても窒素量は少ないし、糞に含まれる農薬や抗生物質の排出がないから安心じゃないの?

ウン、確かに安心かもしれません。
んが! それは大きな間違い!

バーク堆肥の協会によると、堆肥を作る際の発酵資材として牛糞や鶏糞を使用する場合もあると書いてありました。
もちろん家畜糞ではなくて、米糠などを使用する場合もあるらしいので、一概には言えませんが、もし使用する場合があるときは製造元に確認する必要があるでしょう。


さて、うちの畑にも予備で、家畜糞を使用していない植物性堆肥が置いてあります。
あくまで予備なので、ほとんど使用していません。

使用の仕方はポット育苗の時に畑の土と混ぜる場合があるくらいで、定植する所、つまり本圃には使用しないようにしています。
(育苗に使用しない時もあります)


それは何故か?
別に使う必要がないと考えているからです。


自然農法と謳っている他の多くの方のHP等を見ると、「自然農法だから植物性の堆肥を使っています」みたいな事を書いている場合があります。
その理由として土の力をより発揮するためだと。。。

確かに自然農法の提唱者の一人岡田氏の言葉で
理念  : 大自然を尊重し、その摂理を規範に順応する。
原理 : 生きている土の偉大な能力を発揮させる。

と言う言葉がありますし、その他にも粘土質の赤土に対して初期のころに使うのは構わないとか、柔らかい黒土には使う必要が無いと言っています。

つまり赤土に対しても使うのは極初期の段階で、毎回毎回使う必要はないという事だと思います。

多くの人が原理の言葉の真意を理解しないで、堆肥を使っているような気がします。


堆肥を使う事でより土の力を発揮させようと。
でもそれは土の力を発揮させて、と言うより堆肥の力により発揮させているのではないでしょうか?


岡田氏もいっている通り、元々土には植物を育てる土台が多く含まれていると思います。
それを発揮させてあげる事が本来の土の力、「奇跡のリンゴの木村さん」の言葉を借りれば偉大なる力=偉力で、人が土に対してしてあげれる唯一の事だと思います。

そしてそれは堆肥を投入する事ではないと思います。
まして外部から堆肥を購入したり、田畑に施用する事ではありません。

田畑の中の物を活用すれば、十分こと足りる事だと思います。

岡田氏の他に自然農法の提唱者の一人福岡氏が、何故野菜と果樹を混ぜて栽培しているのか?
これもよくよく真意を考えると、岡田氏と共通の理念があるような気がします。

お二人ともいかに自然を観察し、その摂理を理解していたかがよく分かります。


土の力を発揮するのは堆肥の力ではないと思います。
岡田氏は土にはびこる、肥料による毒をいかに抜くかだと言っています。

その方法は色々とあるようですが、福岡さんにしても、現在赤目塾を主催していて不耕起栽培を実践している川口さん、更にはTVであの『DASH村』ででも、共通してその肥毒を抜く工程を踏んでいます。


その工程とは・・・・
これは僕のブログで書く事ではないと思います。

自身で調べ、分からない事があれば更に調べる事によって身につくと思います。



岡田氏の言葉を借りれば、肥料や堆肥を連続して投入すると言う事は、【肥料迷信】に掛かっている事なのでしょう。

本来、土には力がある!
それを蔑ろにして、堆肥を投入しなきゃ作物は育たない、作物が育たず生活が出来ない、と感じているのであれば、それは自然農法の本当の摂理を理解しておらず、忍耐が足りないと感じています。

私如きまだまだ駆け出しの新参農業者が生意気な事を書き綴ってきました。
このブログを読んで不快感を感じた方も大勢いらっしゃると思います。

私はただただ本当の自然農法とはどんな物なのか?
それを追求していきたいだけなのです。

そしてそれは野菜を買っていただく、消費者の利益にも反映する事だと信じています。


本当の自然農法とは何か!?

私にとって長く忍耐の要るテーマです。



スポンサーサイト



Comment

Name - くーたろう  

Title - 

共感することが多くいつもブログ拝見させてもらってます。
又、参考にもさせて頂いてます。
2007.11.23 Fri 23:44
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎くーたろうさん
コメント有難うございます。
出来るだけ正しい無肥料栽培の事を伝えていきましょう!
2007.11.25 Sun 21:54
Edit | Reply |  

Name - みんな の プロフィール  

Title - 

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/?mode=edit&

2007.11.26 Mon 15:33
Edit | Reply |  

Add your comment