「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

順調な野菜? 

昨日終わらせる予定だった晩生玉ねぎの定植、最後に残った畝の雑草が強烈で、意外と時間がかかり、終了するのは本日に持ち越してしまいました(ハァ~)

玉ねぎの定植が終了すると、ようやく年内の農作業は全て終了!
後は収穫だけ!!

・・・・・と、言いたい所だけど、
この後には夏野菜の残渣の撤去。
ビニールハウスのビニールが破れてしまったので、その張替え作業。
畝の補修。

etc・etc、、、、、、やることはまだまだ山ほどある!

ゆっくりと正月を迎えれるのだろうか?



そんな今後の予定を考えると疲れそうなんで、ちょいと現実逃避で来年に向けて栽培中の野菜などをご紹介♪


グリーンピース07/12/8
グリーンピースです。
特に予定にはなかったんだけど、冷凍物ではなくてフレッシュのグリーンピースを自分が食べたくて栽培し始めました。
実は去年他の自然農の人が栽培していたフレッシュのグリーンピースを食べたら、滅茶苦茶美味しかったんですよ!
それで真似して栽培してみました。

品種は確かF1の種でしたが、甘みが凄いと書いてあったので、釣られて買ってしまいました。



そら豆07/12/8
こちらはそら豆。
今年の春にも販売しましたが、あっという間に完売!
生で食べても美味しかったですよー!

今回自家採りした種の物と、新たに購入した種の物半々です。
去年は確か20株位しか栽培していなかったのですが、今年はその3倍強!
約70株ほど栽培しています。
これだけあれば取引先の数から言っても、十分にいきわたると思います。

あ、それからね、そら豆の旬の収穫期間は僅か3週間です。
この3週間の間に目一杯仕入れてください!!



渥美絹さや07/12/8
これは・・・似ていますがグリーンピースではありません。
愛知の伝統野菜【渥美絹さや】です。
飲食店によっては絹さやよりもスナップ豌豆を好んで使うお店もありますがですが、もう一度見直すべき味ではないでしょうか?
絹さやには絹さやの美味しさがあります。

とは言っても、スナップ豌豆もスナップ豌豆の美味しさがありますから、スナップも栽培してるんですけどね(笑)


今まで紹介したの豆類ばっかりですね?

どうして豆類ばっかりそんなにやっているかというと、土壌改良の為って言うのもあります。
詳しくはこちら → 根粒菌
無肥料・無堆肥の自然農法において、無くてはならない大切な物です。



フィノッキオ07/11/18
みんなが知っているような野菜とは打って変ってこちらはイタリア野菜のフィノッキオ(普通に言うとフェンネルです)
甘く清涼感のある香りが魚料理ととっても相性が良いです。

写真に写っている茎の部分がもっと大きくなってきますが、そこを食べるのが一番美味しいです。
フィノッキオが出来るのは来年の5月くらい。
その頃にちょうど初カツオの旬を迎えるので、【初鰹のオレンジマリネ・フィノッキオ風味】なんていかがですか?
もう想像するだけでヨダレもんです。


カルチョーフィ07/12/1
これ、何だかわかりますか?
イタリア語で【カルチョーフィー】と言います。
アーティーチョークの方が通り名ですね(日本名:朝鮮あざみ)。

えっと、これは来年はまだ食べられません。
収穫するまで2年かかります。
だから値段もとってもお高いです。

先日セレブが通うような高級スーパーで売っているのを見ましたが、1個=900円もしていました。
アーティーチョークの収穫した姿はこちらをクリック


愛知大晩生キャベツ07/12/1
わかり易い野菜に戻りますね。
キャベツです。
これも愛知の伝統野菜で【愛知大晩生キャベツ】と言います。
今時期に出ているキャベツは約半年で収穫で美味しいですが、晩生キャベツは約8~9ヶ月かかります。
その間に冬の寒さにも耐え、ゆっくりゆっくりと葉を巻いていきますから、収穫時期はギュンギュンに葉が巻いて、重量感もズッシリでとっても美味しいです。

その代わりかなりキャベツ臭いですよ。
あの芯の味が苦手だと言う人には要注意! (笑)



最後に来年ではなくて、何とかクリスマス時期に出荷できないかな?って思っている野菜をご紹介。
プンタレッラ07/12/8
プンタレッラです。
別名アスパラガスチコリとも言われていますが、アスパラの味は全くしません!
チコリ独特のほろ苦さと、噛み締めると味わえる甘さが、オリーブオイルと相性がとっても抜群!!

イタリアだとレモンとアンチョビのドレッシングで和えるのが一般的。

何とかクリスマスまでには出荷できる大きさになってくれないかな~~~





スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。