FC2ブログ

「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

準備! 準備! 

以前働いていたコーヒーの卸会社のK専務さん。

東海地方のコーヒー業界じゃちょっと名の通ったお人でした。
(昔は鬼のKと呼ばれ、今は仏のKになっていますが。。。)

毎朝の朝礼でその方曰く
「営業の成功の秘訣は、段取り(根回し)8割だ」と。

余りにも口を酸っぱくして言うので、働いていた当時は「また、同じ事言ってるよハァ~」
などと思っていましたが、今になってみればよく実感できる言葉です。


少し前に今年は栽培するに当たっての、段取りや準備が足りなかったっと書いた時に、コメントでサユールさんから「段取り8割」とアドバイスを頂いて、K専務の言葉を思い出しました。



僕の営農計画では、再来年には農業だけで一本立ちを考えています。

今、午前中に農業以外の仕事をして何とか小金を稼いでいますが、どうしても農業の方が中途半端になってしまうし、何より体力的に厳しい物が有ります。

2足の草鞋というものは意外と疲れるものです。



再来年。

一本立ちをするに当たって、当然農地拡大は第一課題 (関門とも言うが・・・)

今年みたいにいきなり増えてバタバタしてお客さんに迷惑が掛かったり、農業一本でやり始めたは良いが準備不足で失敗してしまったら、それこそ飢え死にしなくちゃいけなくなっちゃう。


と言う訳で、玉ねぎの定植も一段落したんで、今日から本格的に再来年の為に準備に入りだしました。

え? 何をしたかって?

取りあえず地域の農業委員会さんの所へ、農地を拡大したいと相談しに行っただけです。

もちろん他にも自分の足で探したりもしますけどね。
(すでに1箇所候補あり!)


ちなみに農業委員会さんを通すと結構時間が掛かる時が多いようです。
先日、他の新規農家さんにも話を聞いたら、1年掛かったと言っていましたし、僕も前回の時に半年以上掛かりました。




ですので今から準備して、再来年を目指しているわけです。

他にも資材の準備や何やらと、極貧農家としては如何にして資本投資を抑えるかも、そして何処に積極的に投資するかなどなど、お金の割り振りも決めなきゃいけないし。

ちなみに銀行や農協にお金を融資してもらってまでとは踏み込む勇気はありません。

意外と小心者なので。。。
(借金は嫌いです)
スポンサーサイト



Comment

Add your comment