FC2ブログ

「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

○○才 

今日は24節気の一つ『大寒』だそうです。
大寒にぴったりな肌寒い今日の名古屋。

昨日の夜はちょっぴりだけ雪も舞っていました。
我が家のワンコ『華』は、寒くてプルプルしながらの僕を、散歩に行こうとグイグイと迫ってきます。

マッタク! 自分はナチュラルファー着てるから良いけど、こっちは着込まないと寒いんダイ!



と、しょうもない愚痴から入りましたが、昨日はららかんの○○才の誕生日でした。

まだまだ農業で成功していないので、豪華なプレゼントは出世払いで勘弁していただくとして、真心込めた料理だけはいつものように作りました。

恒例になりました。
何かイベント事があった時の、耕作人の本気料理のご紹介


まずは【アンティパスト】から
アンティパスト08/1/20

手前から
豚ヒレ肉のトンナータソースとルッコラを添えて
ジャガイモとブロッコリーのフリッタータ
愛知伝統の八事人参のマリネ
自家菜園からの恵みのサラダ

トンナータってのは、ツナマヨに生クリームを混ぜて滑らかにしたソース。
フリッタータはイタリア風のオムレツね。
このお皿はパレットタイプのお洒落なお皿で、写真の他に黒色もあります。


【プリモピアット】
プローシュートと芽キャベツのパスタ

プロシュートと芽キャベツのトマトを練りこんだパスタ

パスタは市販のトマトを練りこんだ物を使用。
   (手打ちも作れるんですけどね。。。)

レストランには出荷していないですが、芽キャベツは我が「あぐりーも」からの恵み。
今年芽キャベツは50株程栽培予定だったんですよ。
だったんですが、定植の翌日に見に行くと、3株しか残っていませんでした。
全部キリウジと呼ばれている虫君の食料になりました。
悲しすぎです。。。

でもね、その貴重な芽キャベツはとっても美味しかったですよ。
普段食べていた芽キャベツって、あまり旨みを感じないんですが、クッキリと濃厚な味。

う~~~、お客さんにも食べてもらいたかった。。。



【セコンドピアット】
何でしょう?
ウズラ

答えは鶉。
フランス産の鶉です。
一羽の大きさはだいたいリンゴ半分程度。
鶉はジビエ(野禽)の部類に入るのかな?

それを、こうしました。
ウズラと自家菜園野菜のグリル・サユールイトシロのドライトマトを使ったソース

ウズラと自家菜園野菜のグリル ユールイトシロさんのドライトマトを使ったソース

ウズラは普通の鶏肉と違って、小さいけど濃厚な旨みがあって、ちょっと見直した食材です。

ウズラとブロッコリーやチーマディラーパ、トレヴィーゾと言ったイタリア野菜をサッとグリル。
そのウズラから出たジュ(肉汁)と、ユールイトシロさんのドライトマトと戻し汁を煮詰めた、濃厚かつ酸味の利いたさっぱりソース。

ドライトマトは昨年末に僕の畑に遊びに来た『サユールイトシロ』さんがお土産にくれたもの。
コレ、ハッキリ言って旨いです!!
さすが無肥料栽培のトマトから作ったものです!
程よい酸味もキッチリありますが、なんと言っても濃厚な甘さは、多分どこのお店のシェフに出しても美味しいと言われるレベルだと思いますよ。

ぜひ商品化して売って欲しいです。



最後に大盛りの【ドルチェ】
紅茶のシフォンとアップルパイ

お取り寄せで買ってあった紅茶のシフォンと、手作りのアップルパイ。
生クリームもドッサリ付けて、カロリーオーバー間違い無しのこの一品で最後を締めくくりました。


腹一杯です。
最近太り気味なんでダイエットしなきゃイケナイちゅうのに。

ま、たまにはね。




スポンサーサイト



Comment

Add your comment