FC2ブログ

「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

2年もの 

種を蒔き、野菜が収穫できるまで、どれ位の期間がかかるのでしょうか?

野菜の旬って言うのは何となく分かるかもしれませんが、このどれ位の期間が掛かるかって言うのは、実際に野菜なり、お米なり、果実なりを育てたことがある人じゃないとわからない事だと思います。

お米なら大体わかりますよね?
春に種籾を蒔いて、秋は新米の季節がやって来て。

果樹だと桃栗3年、柿8年とか言いますし。


野菜は色んな種類があるし、年中夏野菜があったり、冬が旬の大根やホウレン草が夏にあったりで、季節感なんかあった物じゃないですし。


ざっと書いてみると、

トマト・ナス・ピーマン・キュウリは春蒔きで2~3月に種を蒔いて、採れ始めるのが7月ころ。

一番おいしい冬の時期の大根や人参は、9月初めに種を蒔いて、採れ始めるのが12月ころ。

軟弱野菜といわれるホウレン草などは種まき後、大よそ60日後に収穫できます。


一番可哀想なのは玉ねぎ。
たくさん生産されるのでkgあたりの単価も安いのですが、貯蔵用の品種なんか9月に種を蒔いて、収穫できるのは翌年の6月中旬。

1粒の種から1つしか収穫できないのに、なんと9ヶ月も掛かってしまいます。

慣行農法の玉ねぎの相場は、高い時でもkg/100円程度。
1玉200gとして、1個20円しかお百姓さんは儲けていません。

安い時はkg/70円程度です。
消費者にしてみれば「安ければ有難い事だわ!」って感じるかもしれませんが、こんな安い相場では農家の子供が跡を継がないわけです。



そして、それが小売だと1個40円くらいになるのですが、ここでも流通業者が2件入っているとして、それぞれが10円ずつ位にしか儲けていないと思います。


玉ねぎって有難い食材ではあるのですが、本当に儲からない食材です。

儲からないだけに消費者の皆さんは大切に調理してあげてくださいね。
それだけで栽培した方は嬉しい筈ですから。
    (国内生産者を育成する意味から、個人的には例えば玉ねぎならkg/150円以上が
     妥当な相場だと思っています。)



書こうとしていたことから、いきなり外れてしまいました。

一昨年に耕作人はキャベツの栽培をしました。
しましたが、あまり育たずに結球もせず、トウ立ちの季節を迎えてしまったので、勿体ながら刈り取ったのです。

草刈機で一気に刈り倒したので、中には小さすぎて刈り取れなかったキャベツも中にはあったことでしょう。

そんな中のキャベツが1個、2年目を向かえ少し大きくなって来てそのままにしていたら、

なんと!

大きくなって結球してしまいました。
キャベツ08/3/14(2年もの)


通常冬のキャベツは7月に種を蒔いて、12月から翌年の1・2月に収穫する物なのですが、この子は50ヶ月も畑でひっそりと育って立派になったんです!!

何だか感動してしまいました。

野菜って凄いな~~、って。


これだけの期間を頑張って大きくなったキャベツですが、食べるのが勿体無い気がして、中々収穫する決心がつかないんですよ。

種採り用にでもしようかな?



その他にも野菜で収穫するのに、2年掛かる物はあります。
アスパラやアーティーチョークとか。
アーティーチョーク08/3/19
この写真はアーティーチョークですが、去年の秋に種を蒔いたので、収穫までは、あと1年ほどの期間をおきます。



ところで上の写真のキャベツ、2年も掛かりましたが、ブログ読者なら幾らが妥当な値段と感じますか?




スポンサーサイト



Comment

Name - らでぃか  

Title - 

あまりにも神々しいキャベツなんで、お金という価値をつけられないような気が・・・
食べたい気もしますが、一粒万倍にした方がいいかな?

2008.03.25 Tue 07:24
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎らでぃかさん
うんうん、確かに神々しい気がします。
しかしこのキャベツは品種もよく分からない、ホームセンターで買った種からなんで、どうするか迷い中です。

愛知県の伝統野菜指定品種なら、万倍にするんですけどね。。。
2008.03.26 Wed 12:17
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.03.27 Thu 00:49
Edit | Reply |  

Add your comment