「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁・輸出 

愛知県の青少年を更正・保護する職についている職員が、16歳相手に猥褻行為疑惑で逮捕されたそうな。

同じ愛知県民として恥ずかしい限り。


今日のブログ。

んんん~~~、冒頭からそうだけど、暗いっすよ。



2週間近く前でしょうか?

こんなニュースを聞きました。

お米の輸出国の多くが、今後輸出を規制するとか禁止するとか。

ん~、こりゃイカンと思って書こうとしていたら、元田さんに先を越されて書かれてしまったので、まっ良いかと思ってそのままにしていたのですけど、今日もラジオから流れていたので、ちょいと書いてみます。


詳しい事はこちらを読んでいただきましょう。


ガソリン税や年金問題の影に隠れてしまって、あまり大きな話題になっていませんね?

と言うか、身近じゃなさ過ぎてピンと来ていないから、話題にもならないのかな?


トウモロコシや小麦粉など穀物類、豆類などの国際相場が上がっているのはご存知だと思います。
その煽りで色々な食材の相場が高騰しています。

大型小売店やメーカーなどの営業努力(?)で高騰価格をそのままONしないから、それほど値段が上がったという感覚はないかもしれませんね?
 (小麦粉が30%上がったのに、なぜ麺類は10~15%しか値上げしないの?ってこと)


それら穀物類の国際相場高騰に伴って、今度はお米の国際相場も値上がりしているらしいです。
 {4月22日今日現在、シカゴの米相場が、100ポンド(約45kg)当たりで、また1%上昇で
  約22$から約24$(約2,500円)になったそうです}


そして主にアジアなどお米の産地国は、小麦粉などの不足を予見してか、自国内のお米の輸出に対して規制をかけ始めているらしいです。

要は他所の国の腹具合を心配するより、自国民の腹具合を満たさないとイカンって事で、某政府は自由貿易協定も無視して自国民保護に乗り出したそうです。


そりゃ当然です!!

自分や自分の家族が食うか食わぬかの時に、誰が他所様にご飯を分け与えますか?
そんなのは余程できた人か、神様だけでしょう。

自然農をして出来るだけ優しくありたいと思っている僕でも、家族を最優先にします!



目を移して、ほんわか日本。

学者先生の中には未だにA国からの供給が止まれば、B国から供給して需要を賄えば良いじゃないかと言っている人もいるようですが、今からの時代はやはり自国内でどれだけ食料を生産できるかじゃないでしょうか?

例えば日本への鶏肉の最大輸出国はブラジルなんですが(以前は中国や東南アジアが中心でしたが、鳥インフルエンザ問題でブラジルに90%以上シフトしました)、日本からの注文が細かくうるさ過ぎて、他国へ回す事が多くなりつつあるらしいです。

要は買い負けしています、それも色んな食材で。


先のお米の規制に対して、日本政府は今日のニュースではWTOだかに規制を取りやめるか、見直すよう提言を求めたそうですが、生産国がYESと言うとは思えません。

ちなみに日本はお米の自給率は高いから輸出禁止になっても関係ないじゃん!って思う方がいるかもしれませんが、現在外食産業を中心に輸入米を使っている所は沢山あります。

だから輸出禁止になれば、それだけお米が不足することになります。

日本のお米は高品質という評価を受けているので、攻めの農業として輸出をするプランもあるらしいですが、多くの食材を輸入に頼っているお国柄で、そこまでする必要があるのか個人的には疑問を持っています。




僕が最後にネクタイを締めて働いていた食品会社の社長さん、性格は嫌な奴でしたが、先を見る目は持っていました。

近い将来、食料を求めての紛争、紛争までは行かなくても何かしらの問題は必ず出てくるので、もっと国内自給率を上げるべきだと言っていました。

彼是5年前の話です。

それが現実になりつつあります。


だから僕は農業を始めました。
せめて自分の食い扶持は確保しておかないとと思って。
うちの畑で取れる野菜は、基本的に我が家の自給用です。

綺麗な服も別段僕には必要じゃありません。
食う事が一番の先決です。


だから食べ物に一番近い仕事をしています。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。