FC2ブログ

「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

降ったり止んだり 

ふ~~~(ToT )( ToT)

最近このブログ暗い話題から入りがちなんで、滅入ってきちゃいます。

雨が多すぎです。

今朝も土砂降り→小雨→土砂降り→小雨の降ったり止んだりで、作業ができません。
トマトとズッキーニの苗がもう定植適期なんで定植したいのですが、本日も空模様が悪く作業が出来ません。

今年の春は例年の1.5倍の降水量のようで、作業が遅れに遅れています。

ハウス内のトマトは一応定植し終えたのですが、入りきらない分は露地栽培をするので、どしても天気に左右されてしまいます。

あ、トマトのことを紹介しておきますね。
ハウス内で栽培するのはイタリアの伝統野菜フィレンツェトマトと、愛知の伝統野菜ファーストトマト。
共に大玉品種で水分による裂果が多いので特に気を使うため、入りきるだけハウス内で作ります。

と言ってもハウスはとても小さく、定植できる株数は僅か124株のみ( ̄。 ̄)
他品種も合わせて残りの250株くらいは露地になります。



話は変わって横のプロフィール欄のお詫び事項を書き換えました。

一般のご家庭向きに5月の販売再開を目指して、レタスなど葉野菜を栽培していたのですが、多雨のおかげで草刈り作業が間に合わず、雑草に埋もれてしまい商品に出来る状態では無くなってしまいました。

お客様も残念でしょうが、私ももっと痛いです。
生活かかっていますので。

これも自然農をやめようと思った一つの理由です。
ビニールマルチを使うか、予め耕して雑草を抑えておけばこんな事には成らなかったと思います。

と言うわけで残念ながら販売を延期いたします。



但し、プロ用の少品目で大量にっていう出荷は可能な野菜もありますので、飲食店様にはある程度出荷出来るとは思います。



おっと!?
パソコン触っているうちに、空に日差しが戻ってきました。

ズッキーニの定植に行ってきます!!
Ciao~~~~!!


スポンサーサイト



Comment

Name - あつき  

Title - 

レタスですか。そんなに草に飲まれましたか。
家ではレタスは6月収穫になってしまうのですが、4月中後半植えで草取りはほとんどしなくても育ってくれます。

家のやり方は、
移植前に土を薄く削る位思いっきり草を刈り、
削った草や土をたっぷり畝にかぶせて、
その上からかき分けるように植え付けるだけです。
できれば少し日当たりの悪い位の場所の方が草が生えにくくて良いかも。
品種は赤ちりめんレタス(エルワン)、サラダ菜(エルーゴ)が強いです。

我が家で草対策に一番気をつかうのはやはり玉ねぎですが、今年ちょっとコツをつかみました。
基本はレタスの時と同じです。
ただし11月植えだと春先の草刈りが大変です。
なので11月植え(早生)はほんの少しにします。
そしてメインは2月植え(晩生)です。
レタスと同じように思いっきり草刈りして、畦の草も加えて草山盛りの畝の中に玉ねぎを移植します。
我が家では自家製のもみ殻クン炭があったので地温上昇も考えて振りかけておきました。
刈り草も萎えて、苗も根付いた2週間位後にできれば雨の前、条間にヌカを基本に気持ち多めの補いを上からかけておきます。
沢山の草とヌカ、そして雨がポイントです。
これで雨がヌカをぬらして膨張させ下の枯れ草と絡み合い次の晴れの日にはしっかりマルチ状の状態になります。

これで大分草は抑えられるようになりますが、4月には1回は草刈りをした方が玉ねぎは大きくなると思います。
http://atsuki.cocolog-nifty.com/photos/2008/20080425tama_2.html
我が家の今年はこんな感じ。
2008.04.27 Sun 06:42
Edit | Reply |  

Name - 元田裕次  

Title - 

畑に田のものを使うのはどうなのかなあ?
って思ったりして・・

また頑張りましょう~アグリーモ様

うちの玉葱も草君にやられちゃいました(笑)
2008.04.27 Sun 22:59
Edit | Reply |  

Name - 失礼ですが...  

Title - 

渡辺獣医科病院は腫瘍摘出に定評があるとの書き込みを拝読しましたが、確かな情報でしょうか? 教えて頂けると助かります。
不躾ですがよろしくお願いします。
2008.04.27 Sun 23:00
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

  v-286動物病院をお探しの方へ
又聞きですし、行った事も無いので絶対とは言い切れませんが、名古屋では重鎮のような先生らしく、術数もかなりこなしているらしいです。

またその症例を学会等で発表して、参考にしているほかの先生もいるらしいですよ。

ワンコ(?)さん、腫瘍ですか?
獣医さんと良く相談して、早め早めに治療していって下さいね!
2008.04.27 Sun 23:26
Edit | Reply |  

Name - エッコロ  

Title - 

イロイロ大変そうですね。野菜を楽しみに待っていますから、がんばって下さい。PSどんな野菜が出荷可能ですか?
2008.04.28 Mon 17:00
Edit | Reply |  

Name - 失礼ですが...  

Title - 

動物病院の情報、ありがとうございました。
別件でこちらの病院にかかっているのですが、
腫瘍に関するセカンドオピニオンを求めたところ、拒否されたので、「腫瘍摘出に定評がある」との書き込みを見て驚いた次第です。
重鎮だから、セカンドオピニオンでは嫌ということなのでしょうかね..。
ご教示、ありがとうございました。
2008.04.28 Mon 22:07
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎動物病院をお探しの方へ
セカンドを拒否するのですか!?
又聞き情報で書きましたが、そんなケチ臭いところでしたら、お勧めの欄から消しておきます。

放射線のガン治療で有名な伊賀上野市の「みなみ動物病院」でさえ、セカンドOKですよ。
2008.04.29 Tue 00:50
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎あつきさん
レタスは2月にハウス内で種をまいて、3月にかなり雑草を刈ってから植えました。

しかし、3月が運悪く寒くなってしまったので、生育が遅れ、そのうち雑草も伸びてきたのですが、それを刈る時間が取れず、飲み込まれてしまいました。

5月に出荷しようと早目にとった段取りが、返って裏目に出てしまったようです。

晩生の玉ねぎ、2月に植えたんですか?
ちょうど寒い時期なのに、良くぞ根付いてくれたと感心しました。

現在、僕は川口さんのように米ぬかや油粕は、滅多な事では使用しないのですが、定植時期と方法に関しては参考になりました。

有難うございます。




 ◎元田さん
多分、上記の方のことを仰っているのかな?
田の物を云々って。

これは自ら生産し、消費した物を田畑の循環の中に返そうとする川口由一さんの自然農の考え方の一つですね。

それが田のものでも、畑のものでも、特に気にしてはいないようで、そこが高橋さんや木村さん達が提唱して言る栽培方法と違うところです。


僕は肥料に関しては元田さん達を、耕すことに関しては川口さんを参考に良い所取りをしてきたつもりなのですが、川口さんの不耕起を全面的に取り入れることは諦めました。

一部続けても大丈夫な作物に関しては、続けるかもしれませんが。

労力の割りに生産性が低く(僕のやり方が未熟なせいも有るでしょうが。。)、雑草に飲み込まれるなど失敗も多いので。。。

来年は玉ねぎもマルチを使うか、淡路島の人たちみたいに1条植えにして、雑草を抑えやすいように工夫しようと思っています。





 ◎エッコロさま
どうも不調続きでご迷惑をお掛けして、申し訳ございません。
近々サンプルをお持ちしようかと思っていたところです。

そのうちお邪魔しますので宜しくお願いいたします。
2008.04.29 Tue 12:51
Edit | Reply |  

Add your comment