「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研修へ 

昨日、研修に行ってきました。
研修というより、見学と言ったほうが良いかな?


ブログにリンクも張ってある「サユールイトシロ」さんと、 「ナチュラルふぁ~む」さんへです。


僕の目的はトラクターなど農機具類の活用法と、普段の管理方法などなどを見に行きたかったのです。

自宅から岐阜県の石徹白地域までは高速を使えば2時間程度ですが、お金の節約の為に込み合う名古屋市内~美濃市までは高速。
そこからは殆ど信号も無いので、国道156号線沿いの景色を見ながらのドライブです。

その為、朝も少しだけ早めに出て眠たい目を擦りながらの行程ですが、久々の一人旅です。
(今回は勉強の為の旅でしたので、ららかんと華さんはお留守番)


156号線を脇道に入り石徹白地域に向かうわけですが、すれ違う車も無いままどんどん山奥の峠道に「大丈夫か? 道に迷っていないか?」と不安げになってきた頃、峠を下り終わると石徹白地域に到着。
安心しました。


早速サユールさんに色々と畑を案内してもらいました。
サユールさんは現在一町歩弱の耕作面積で、僕より少し広い面積なので、身近な目標面積として広過ぎずちょうど良いくらいです。


色々とお伺いしていると、圃場整備が以外にも手作業が多いのでビックリしました。
これからの耕作人の課題として雑草の管理も課題なのですが、サユールさんの場合かなりマルチを多用していらっしゃいましたが、予算の無い耕作人にはちと難しそうです。

お昼は岐阜の名物料理「鶏ちゃん焼き」を頂きました。
鮭の「チャンチャン焼き」ってのがありますが、それの「鶏」番ですね。
美味しいですよ!

お昼時、あれこれと石徹白地域の問題点を教えて頂きましたが、やはり山間部特有の高齢化問題は深刻なようです。
石徹白地区全人口の60%弱が60歳以上の方で、小学生は10人程だとか。
若手の村民の方の殆どが村外へ働きに出て、農業を生業にしている方も皆無とか。

60歳以上の農家さん→次に若手が30代のサユールさんと、若手農家期待の星になってしまっているようです。
中間の4~50代の方がいないので、無肥料栽培への理解度が低い(と言うより皆無)なのも、孤軍奮闘の遣り甲斐があり過ぎくらいかもしれません。


もう一つ愛知県と決定的に違うのは、雪が多すぎて冬場は殆ど農業が出来ないという点でしょう。
ですから夏野菜が失敗してしまったら、挽回のチャンスは一年後と言うことです。
これはキツイです。

研修自体は作物の管理方法を色々と教えていただきました。
書き始めると長文になってしまうので割愛しますが、僕もサユールさんも基本的には一人での作業ですので、如何に省力化と効率化をできるか、その一点が主な話題です。



時間的にどうなるか分からなかったので予め連絡をしていなかったのですが、少し時間が取れそうだったので、石徹白地区から40分ほど離れた「ナチュラルふぁ~む」のたかゆき君にも会いに行くことができました。

こちらの農園さんはお父さんと息子さんのたかゆき君で、約2町歩の圃場を管理されています。

んんん~~~とにかくデッカイです。
広いです。
山間部だと言うのに突然広いです。


ちょうど2反程度のジャガイモ畑の草取りを永遠とやってらっしゃいました。
大変そうです。


たかゆき君の所も無肥料栽培をやっているのですが、今年から実験的に始めた事があるらしいので、経過を聞きたくサユールさんも一緒に行きました。

許可を得ていないので、何を始めたのかはこちらでは特に書きません。
(知りたい方は、たかゆき君のブログを見てください)

まだまだ経過観察の途中なので具体的な結果は聞けませんが、上手くいく様であればその一部は自分の圃場でも試して見たい事です。
かなりの省力化にはなるでしょう。



それにしても岐阜県の、この飛騨地方と言われる地域は無肥料栽培をしていらっしゃる方が多くて羨ましいです。
飛騨地方の高山市には「無肥料栽培」のサイトで有名なY氏が先導役として活躍しているせいもあるのでしょうが、情報交換量が多いですね。

それも少し足を伸ばせば実際の圃場を見ることが出来るってのが、一番良いところでしょう。
愛知県でも少数だけど無肥料栽培や自然農法をしている方はいますが、やはり圃場の大きさとかがダンチに違うので、これから面積を広げていく場合に壁となってしまう農機具の使い方とかは参考になりました。



そんな訳でこれら得た知識を試す機会は、この秋冬の作物からになると思います。

パワーアップできるよう頑張らねば!!



最後に、晴れて絶好の農作業日和を潰してまでお付き合いくださった「サユールさん」・「たかゆき君親子さん」有難うございました。
大変参考になりました。

機会がありましたら、僕の圃場にも遊びに来てください。

その時は名古屋名物味噌カツで良いですか?


スポンサーサイト

Comment

Name - よったん  

Title - ありがとうございました

今日はお忙しいところお手伝い(になったのかどーか・・・)させてもらって、本当にありがとうございました。
しそと、いちご、図々しくももらって帰ってしまいましたが、大切に育てますね。トマトのお手入れの仕方も教わった通りにやってみます。美味しいトマトができたら、ブログに写真をupしますね。
娘は、「ちょうちょ、いたねー」と帰ってから言っていました。沢山の蝶やみみずや、とれたての葉っぱなど、マンション暮らしでは得がたい貴重な時間でした。

あの後、げんきの郷でじゃがいも掘りまでやってしまいました。
また、トマトの様子を見にお邪魔したいと思いますのでよろしくお願いします。
2008.06.08 Sun 22:26
Edit | Reply |  

Name - サユール  

Title - 

先日はお疲れ様でした。

こうしてお互いの圃場をたずね合って情報交換できるというのは本当に貴重なことだと思います。

本当は最盛期のときこそ見てもらうといいのですが、お互い忙しい身としてはつらいところですね。

今年も12月頃にお邪魔したいと思っています。僕はやっぱ味噌煮込みかきしめんってとこですね。

そういえば言いそびれていましたが、あのTシャツやっぱイイね。
2008.06.09 Mon 23:41
Edit | Reply |  

Name - アカシア  

Title - 

耕作人様、畑を広げたり、研修をしたり、凄いですね。
ところで、先日分けて頂いたニンジンの花がきれいに咲きました。種取が出来そうで楽しみです。

またブログを楽しみにしています。
2008.06.10 Tue 17:54
Edit | Reply |  

Name - takayuki  

Title - 

先日は遠いところをわざわざご苦労様でした。

僕も機会があったら耕作人さんの畑を見に行きたいです!

あぁ、本場のみそかつ食べたいぃ。。
2008.06.10 Tue 19:11
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎よったんさん
先日はありがとうございました。

お二人ともとっても丁寧に仕事をしてくださってましたよ!
翌日は雨が降ったこともあり、ちゃんとトマトが上に向かって頭を上げていました。





 ◎アカシアさん
忙しい―――!です
その他、色々とトラブルもありまして。。。

ニンジン、そちらのブログの写真を見ましたよ。
あの状態からでも無事に花を付けるんですね?
野菜が生きているってのを実感できます!






 ◎岐阜のお二方
暇ができたらご一緒に遊びに来てください。
味噌カツと麺類を食べられるお店を探しておかなければ!!


  ○サユールさん
先日は有難うございました。
へへ。。
Tシャツ中々でしょ?
サユールさんもオリジナル作ってみては如何ですか?

今回はかなり参考になりました。
マルチングもどこまで出来るかわかりませんが、取り入れていこうと思います。

こちらも機会を作ってまたお邪魔したいです。




  
   ○たかゆき君
先日はお忙しい所突然お邪魔したにも関わらず、お父さん共々お時間をいただき色々と有難うございました。
 (お父さん迫力があってちょいとビックリ!?
  すぐに慣れましたけど。)

廃菌床と青草農法の経過楽しみしています。
またブログにアップしてくださいね!
2008.06.12 Thu 12:11
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。