「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改造中 

畑を改造中です。

が・・・他の方にとっては特に目新しい事って訳でもありませんが、うちの畑にとっては大改造(?)です。

何たって耕しているのですから。
カルチョーフィー&セロリ
先日トラクターをかけて耕した箇所にアーティーチョークとセロリを植えつけました。

不耕起栽培と違って定植作業は直に終わりました。
二つ合わせて約300株位ですが、不耕起栽培時の作業時間に比べればかなりの効率化だと思います。


トマト(サンマルツァーノ)08/6/21(第二房蕾)
上の写真の右側の既に草がかなり生えている所もトラクターをかけた所ですが、こちらはサンマルツァーノが植わってします。

小雨の振る中で撮ったので少し曇っている写真ですが、露地のトマトは横植え法の為、いま出ている花芽は正確には第二房になります。

横植え法には賛否両論ありますが、ハウスでは普通に植えた方が良い様な気がします。
横植え法はたぶん露地栽培向きの定植法なのではと。。。。

それとキッチリとした苗を作るのがポイントかな?

トマト(セルヴァティカ)08/6/21
野生種に近いチェリートマトが熟してきました。
この時期はまだまだ甘味が足りませんが、酸味はキッチリあるので熟した時の味のバランスが楽しみです。


トマト(フィオレンティーナ)08/6/21

トマト(ファースト)08/6/21
どちらも大玉のトマト。
直径にしたら現在5~8cmくらい大きさが出来上がってきてます。

大玉のトマトは露地では難しい部類に入ると思っていますので、こちらのみはハウス栽培でやっています。
例年並み位の出来上がりかな?


マルチ
改造って訳でもありませんが、「あぐりーも」としては初のマルチシートを使っています。
ま、露地トマトにだけですけどね。
ちょっとでも水分を減らせれたらと思って。
勿論、雑草も少しは減らしたのです。

このトマトが植わっている畑は、以前書いた転作申請が出してある畑なので、出来るだけ雑草を生やさずにヤッテますよって所もアピールしたいんで。



その他、トラクターの耕転方法も色々と試行錯誤中。
どうすれば省力化して畑の土作りに役立てれるか。。。

この一ヶ月出荷を取り止めてまで色々と考えたり、勉強したり、試したりと、今後の方向性が少しずつ見えてきた様な気がしています。

この後、6月末位にもマルチャー付きの管理機を仕入れる予定をしています。

それもまた色々と試して今後に役立てようかと。。。


何にせよ、お客様にはご迷惑を掛けっ放しなこの一ヶ月間です  m(。-_-。)m




スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。