「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都市計画課さんと 

本日、昼間っからビールを頂いております。
お酒大好きです。

ビールにワイン。
日本酒と焼酎はちょっと苦手ですが。。。


午前中は汗だくでナスの除草作業をしておりました。
え~と、この後もその予定です。
現在、酒を抜くためにブログを書いております。


どうして昼間っから酒を飲んでいるかというと、僕が農業に携わるようになった家庭菜園の農園主さんがバーベキュー大会を開いてまして、たまたま寄ったらコーチ役の農家さんが「お~、何汗だくでやっとるんだー! 早くここに座って水分を補充しろー!」と赤ら顔で声をかけて来まして、そのままズルズルと宴会に参加してしまいました。
 (宴会は嫌いではありません。   むしろ好き♪)



最初に借りた畑ってのは僅か10坪の家庭菜園でした。
今は3反ほどになり、多分もうすぐ6反になると思いますが、今の流れを作って下さった家庭菜園場の地主さんやコーチ役の農家さんから声が掛かれば断るわけにも行かないでしょう。
 (言い訳じゃないですよ!? 義理堅いだけです!?)


さて、この貸し家庭菜園場ですが数年前から都市再開発計画の候補地に挙がっており、宅地化や工場だか病院だかの誘致場候補に上がっています。
周りは農地ばかりなんで、こうした都市再開発の為に農地がなくなる計画にあるというは、農業者の面から言えば寂しい限りです。
 (一部の発言力があり、跡目がいない農家が中心に、その計画に積極的に賛成している
  と言うのも、寂しい限りです。
  自分の農地を有効に売りたいとの私惑が有るのかも知れませんが。)



で、このバーベキュー大会は彼是5年目位になるのですが、2~3年前から役所の都市計画課の方たちも参加されるようになり、色々と意見を聞く機会にも当てているようです。

今年聞かされた話の中で、再計画開発地区の中でも、一部は今の田畑のある環境を守りながら再開発を出来ないかと言う議題も上っている事を知りました。


その一部とは地域でも有数の農産物直売場が隣接する地区で、何かそうした農業と一般の人たちの為になる、もしくは農業の担い手をどうにか出来ない物かと言う内容のようでした。


私、耕作人・・・酔っ払いながらも農地を潰すのは勿体無いと力説していたと思います。
都市計画課のお役人さん共々お互い酔っ払っているので、どこまで理解が進んでいるかは分かりませんが、そこは飲みニケーションの威力で、結構本音を語ってくれていたと思います。


現在、都市計画課が考えている一部の案としては、一般市民と何か農業を通した交流事業が出来ないものかと考えているようでしたが、僕は僕のような若手で農地が中々借りられないとか、どうすれば農業が出来るかなどの研修センター的な物を作ってみてはどうかと提案していた気がします。
 (酔っ払っているので上手く説明できたかどうか不明ですが。。。)

都市計画課の課長さんとはあまり話す時間が無かったので分かりませんでしたが、その部下の主任(?)さんは折角の農地景観を壊さずに再開発と同時に、その景観を保つためにも農家の担い手をどうすれば良いのかなどともお話をしていました。


こうした話は現役引退間近の高齢の農業者さんより、かえって都市近郊のまたは都市部にお住まいの一般の方や、これからの農業を考えている若手の農業家で、しかも農業や食の問題、環境問題等に関心がある方のほうが、ご興味があるのではないかと思います。

「こんな意見はどう?」なんて提案が有りましたら、耕作人までご一報をいただけませんか?

出来る出来ないは別として、参考意見として纏めて、都市計画課に提出しようかと思っています。
もしかしたらあなたの意見で一地方行政の都市再計画政策が決まってしまうなんて事もあるかもしれません。

ご興味がある方はコメント欄をご利用いただいても良いですし、プロフィール欄の「野菜の問い合わせ」をご利用いただいても構いませんよ。

野菜のお問い合わせ欄をご利用頂く時は、出来るだけお名前と簡単なご住所だけでもご記入いただけると嬉しいです。
例えば、お住まいの地区ではこんな農地利用をしている等とかの目安になりますので。


ご意見、お待ちしております。



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。