FC2ブログ

「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

マルチその後 

午前中にまとまった雨が降ってくれました。
多分15mm位だと思います。

2週間近く雨が降っていなかったので、ナスやピーマン、キュウリなどには恵みの雨だったことでしょう。

でも露地のトマトが数個、パックリと割れてしまいました
これ以上割れては敵わんと、完熟前のトマトも摘み取ってしまいまた。
大きなハウスがほしいです!!



先回、分解性マルチを使うかどうかを書いていました。

結果から言えば使わない事にしました。

廃棄の手間も省けて楽そうに思えたのですが、あれから自分で調べたり、コメントなどで意見をしていただいたり、最終的には無肥料栽培で有名なサイトの管理者Y氏に質問メールを送ったのですが、管理者さんも材質に疑問があるとの理由で使用していないとの事でした。


以下、ちょっと無断で申し訳ありませんが、質問の返答で来た文章の一部を添付します。

『メーカーによって様々ですが、生成の段階で化学的物質が使用されているということを聞いた事があります。

これは、マルチを分解性物質をつなぎあわせるための繊維質のようなものを化学生成性のものが必要となっているためです。

そのため、一般的にいう有機JAS認定でもこのようなマルチ(紙マルチも含む)は使用不可ということになっています。

土壌にもたらされる影響は想像するとおりだと思います。』


と言う内容でした。


有機JAS法でも禁止されていると言うところが特に気になります。

僕自身はJAS法に関しては結構いい加減な法律だと思っているので、取得する気もありませんが、そのいい加減な法律のJAS法でさえ「使用不可」になっているので、まだまだ安全性という意味では、消費者の皆さんに胸を張って「分解マルチを使っています!!」とは言えないとの考えに至りました。


では今後どうするのか?

やはり普通の難解性のビニールマルチを使うつもりです。

分解マルチの場合は上記の文章どおり化学成分をつかっていて、土壌へ分解する時にその化学成分が一緒に溶け出しちゃう可能性があります。

ビニールも石油精製の化学製品ですが、難解性ということで土壌に成分が溶け出し作物に影響することはないようです。

ただ前回も書きましたが、マルチを剥がす時に一部が千切れて細かい破片になり、畑に残ってしまいます。
これに関しては見つけ次第、拾って処分するように致します。

また、剥がし終わっても破損が酷くなければ、再利用をして極力新しいものを買わず、資源の有効利用を致します。


「え~~~!? それじゃ~自然栽培としてどうなの?」とおっしゃる方に関しては、現場を見に来ていただくとか、遠方の方はこれはもう信頼していただくしかありません。

全く破片一つ残さず回収するのは、人力的にも物理的にも不可能だと思います。
でも、畑に見学に来て「ウワっ!? マルチの破片だらけじゃん!!」とならないよう回収に努めます。

環境保護には気をつけて取り組みますので、どうかご理解下さい。




スポンサーサイト



Comment

Add your comment