「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農○組合 

先日のこと、とある農家さんのブログに危機感を覚えて、ついついヒートアップしたコメントをその方に送ってしまった。

その方は慣行農法の農家さんなんで化学肥料を使っているのですが、昨今の肥料原料の高騰で値上げを余儀なくされるのですが、「ま、仕方がないか~。 なるようになるだろう。」みたいな事を書いていらっしゃったので、ついつい「仕方がないじゃないでしょう! 死活問題くらいに考えなきゃ駄目じゃないですか!」と書き込み、ついでに「農○組合に問題があって、そんな所に頼っていちゃ駄目です!」と書きました。

すると返信のコメントで
「うちの農○組合の何を知っていてそんな事を書くのか!
 新規就農するにあたり色々とお世話もしてくれたし、今でも色々と世話をしてくれているのに」
と返信されました。


断っておきますが、本人さんの文章はもっと丁寧に書かれていました。
あくまで上の文は、僕が簡単に書いています。


まあ、僕として一支店なり営業所の悪口を書くつもりではなく、組合全体のシステム上の問題点を書きたかったのですが、誤解を与えてしまったことには申し訳なく思います。


システム上の問題。
農○と関わっていない僕が一番解らないのは、なぜ生産者である農家が自分で生産した自分の作物に値段を付けられないかって事。

市場相場があることは分かるが、それでも不思議でならない。


一般企業に置き換えてみましょう。

例えば、ある電化製品を買うとすれば、メーカー側の希望卸価格という物があるわけで、それを競合他社との兼ね合いを見ながら、ここまでなら最低利益は確保できると言った計算で販売していきます。

それに見合わなければ、また違った考えをすれば良いだけの事です。



対して農産物の場合、農○が勝手(?)に値段を決めて、メーカーである筈の農家には価格決定権がないのです。

可笑しくないですか?


農家の数は毎年衰退の一方を辿るばかりです。
今までのお国なり、農○の方針が間違っていた証拠ではないでしょうか?

これらに頼らずに直販して、自分で農産物に価格をつけるのも一つの自衛手段ではないでしょうか?


農○と農家。
この関係を一般企業に例えると、
農○=会社。
農家=社員。

にでもなるのかな?

不思議な関係です。


スポンサーサイト

Comment

Name - らでぃか  

Title - 

僕は農○の組合員ですが、耕作人さんが思っている程悪者ではないですよ。本州と北海道の農○の体制の違いがあるかもしれませんが。農業を始める前は僕も農○なんてと思っていましたが、その仕組みがわかるとそんなことはないのだなと思います。農家の事務仕事を農○が代わりにやってくれています。決定権は農家にあります。話題の農家さんの気持ちもわかります。
農作物の価格は農○が決めるのではなく、いわゆる市場原理で決まります。この市場原理というのがくせ者だと感じています。
2008.07.24 Thu 21:23
Edit | Reply |  

Name - 哲人27号  

Title - 

何も知らないので、「その人」の事を批判するつもりは無いですけど、やっぱり実際に農○と関わっていなくとも、ある程度の知識があれば農協が裏で何やってるか位は解る筈ですよ。

結局、農○は何でもかんでも押し付けじゃないですか。
まぁ、押し付けと言う表現はキツイかもしれませんが。
価格設定といい、農薬量といい、、、
完全ではないけど、殆ど固定相場制。
それなのに買値はあまりにも安い。

しかもだからと言って末端価格が安いかと言えば、決してそうでもない。
小売値は一般的な値段で、むしろ卸値から考えればべらぼうに高いくらいだ

そのシステムはやはり二次、三次、四次、五次の「中卸」と言う御旗に隠れて天下ってる官僚達がそれによって得られた利益の上っ面を、マッタク何の生産活動もしていないのに、ピンはねしているからってだけです。



そしてもっと言えば、「市場原理で決まる」と言っても、「市場」や「相場」はある程度まとまった資本力のある人間や組織には操作できるものなんですよ。
それぐらい経済の基礎中の基礎です。知っていて当たり前ぐらいの知識。
だからそれが理由で異常取引や市場操作がないか見張る為に「東証」はいつも監視してるじゃないですか。

俺も今の農○組合や、とにかく公的組織のあり方は完全に間違っていると思います。
田中康夫もそう言ってます。

あぐりーも氏は間違ってないと思いますよ。
2008.07.25 Fri 03:50
Edit | Reply |  

Name - awaji_aic  

Title - 

私も非農家で農業の真似事(自給自足を求めて)をしています。
私もやはり あぐりーもさんに味方。

農協、全農・・あの巨大組織は必要悪みたいなものかもしれませんが、他者の参入を認めたくない動きもおかしいですね。
2008.07.25 Fri 08:53
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎らでぃかさん
 ◎哲人27号さん
 ◎ awaji_aicさん

コメントをお返ししようと思って書き始めたのですが、あまりにも長くなりそうだったので、このコメント欄は利用せず、本文に書いていきます。

その本文でまた何かご意見がありましたらコメントをお送り下さい。
2008.07.25 Fri 13:25
Edit | Reply |  

Name - リョウ  

Title - 

本州と北海道の農○の違いはわからないけど、
農○(←伏せ字じゃないとまずいの?(?_?))ではなく農家の問題でしょう。
いつまにやら農○にぶら下がってしまった農家が一番の悪。
経営能力の無い農家がさっさと潰れてしまえばいいんですよ。

「ま、仕方がないか~。 なるようになるだろう。」みたいな事を言える農家はまだ体力のある農家だと思いますよ。
特にこの色々と厳しい状況で経営の舵取りができる余裕がないとキツいですね。
2008.07.26 Sat 00:02
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎リョウさん
>経営能力の無い農家がさっさと潰れてしまえばいい

とは、また僕以上に手厳しいご意見で。。。

ただ、農家の意識改革みたいなものは必要ですね?
布いては消費者の意識改革も。

これ、奥が深い問題なんですよね~~。
2008.07.26 Sat 13:32
Edit | Reply |  

Name - リョウ  

Title - 

ども、
こんにちはリョウです。
書き込んでからちょっとキツかったのかなぁ。と、思いながらいました(^_^;。

農○の元々は農家が集まって出資して作った組織です。
だから農○を運営する役員も農家のオヤジです。
(ここら辺、北海道と本州は違うかも?。)
(本州の農○は農家から独立した別組織のように感じました。)
図にすれば農家があってその下に農協がある形になります。

ところが、
最近は農家でさえ農○にぶら下がってると勘違いしてることが多くて‥。
農家経営の決定権は全て農家自身にあるんですけどね。
2008.07.26 Sat 16:17
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎リョウさん
本州とかでも基本的には同じ組織構造じゃないかと思います。
組合員ではないので詳しくは知りませんが。。。

2008.07.27 Sun 13:18
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。