FC2ブログ

「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

輸入されるのかな? 

3~4日前のニュースだったろうか?

こんなニュースを聞いた(見た)人、いるかな?

内閣府が「遺伝子組換え技術に関する意識調査結果について」と題して、教職員やマスコミ関係者に対して調査をしていたらしく、その結果報告が出たそうだ。

大半は(70%くらい)安全性に疑問があると回答したらしいのだが、内閣府は「正しく遺伝子組換え食品(以下GM)を理解して欲しい」との意見を述べたらしい。


昨今、GM以外の穀物を輸入しようとするとかなり大変らしい。
よくニュースなんかで輸入商社が、GM以外の大豆なりを作ってくださいと海外の農家さんにお願いしている場面を見ますが、海外(特にアメリカ)の農家さんは余り良い顔をしないようです。

GMで作物を作れば、除草剤やその他の農薬を使わないで済むので、コスト削減にもなるし、安定収穫にも繋がるから楽なんだろうね?



豆類や穀物類の多くを輸入している日本にとっちゃ、今後GM以外のそれらを輸入するのは非常に困難になるのは予想が付きます。

だから今の内から「GMを正しく理解して欲しい」などと洗脳(?)し始めているんじゃないだろうか?
そして、理解が深まった(?)ところで、輸入開始―――!! ・・・・・・・などと。

特に教職員を使って、まだ何も知らない子供たちにGMは安全だと植え込もうととしているのではないでしょうか?


世のお父さんお母さん、気を付けてくださいよ
たかが数年の寿命のマウスの実験くらいでGMが安全だとしても、寿命の長い人間が何年もGMを摂取しても安全だと言う結果はまだ出ていないはずですよ!

大体、GMはなぜ農薬が要らないかって言うと、遺伝子を操作してそれを食べると虫が死んでしまうから、虫は危険だと認識して食べないのですから。

それに一番不思議なのは除草剤をかけても雑草だけ枯れて、作物自体は枯れないとの事。
さすがは除草剤「ラウンドアップ」を作ったメーカーが開発したGM作物だ!

あ、、、ありえね~~!

簡単に言えば『農薬&除草剤内蔵野菜』なのです。


あともう一つ僕が懸念しているのは、人間用にはGMを輸入しなくても、家畜飼料としてGMが大手を振って輸入されるのではないかって事。

まぁ、今でも混入された飼料が輸入されているのかも知れませんが。

どうして家畜が食べても懸念するの? って。。。
その飼料が家畜の体内で血肉となり、それを食べるのは最終的に僕ら人間だからです。

一例を挙げましょう。
家畜ではありませんが海産物で調べた場合、海洋汚染物質の体内蓄積度は小魚より、それらを食べるマグロなどの最終捕食者である、大型魚類の方が高いという検査結果が出ています。
これと同じ理屈で家畜に変わったとしても、最終捕食者である人間に最も危険因子が蓄積されるって事です。

だから我が家では、最近は特にマグロは食べることは少なくなってきました。





子供の健康を守るのは最終的にはお父さん・お母さんです。

この動き、注意深く見ていって欲しいものです。


さて、我が『あぐりーも』。
今のところ畑の面積が少なすぎて、大豆やらを大量に作れるスペースもないのですが、将来的にはそれら穀物や豆類も作りたいな~~~、とは思っています。

農業に限らず、商売する以上はどれだけ社会貢献できるかに存在価値があると思うんですよね。



GMに関してのQ&Aはこちらをご参照ください



スポンサーサイト



Comment

Name - 田中敬三  

Title - 

学校は、テレビと並ぶ、2大洗脳装置です。わたしが小学生のころには、原子力発電が、夢のようにすばらしい技術である、という洗脳パンフレットのようなものが、学校で配られていました。今回の記事で紹介されている、この「ニュース」は、それの、遺伝子組み換え作物版のはじまりを予告しているかのようです。学校の先生たちも、勉強していないというか、あまり異論を言わなくなりましたから、その分も、親御さんたちがしっかりしなければいけません。
2008.07.31 Thu 08:20
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎田中さん
憶測ですが、一般的な先生とかはGM自体(他の食材も含めて)に、余り関心がないのではないでしょうか?

だから提供されるGMの良い面を綴った資料を見て勉強し、それを子供に教える。

いま学校給食には殆ど栄養士さんが付いてカロリー計算などしてくれますが、食材の安全性まで目が行っている人は、皆無に近いと思います。

その証拠に、いま僕が午前中にアルバイトしている食品会社は、学校給食を請け負っている給食センターに食材を納品していますが、缶詰や冷凍食品を多用しています。
もちろん加工油脂やら添加物のオンパレードです。

生活の為とは言え、これらを運ぶ僕自身にも嫌気が差します。。。
2008.07.31 Thu 13:28
Edit | Reply |  

Name - まー  

Title - 

こんにちは
GMの野菜は食べたくないです。
アメリカさまに押し付けられたのでは
ないのですか?←以前何処かのブログで
見ました。
中国の野菜も問題がありますが、アメリカの
野菜(例えば缶のコーンとか)も凄い農薬
らしいです。中国以上(?)と話に聞きました。
それ以来出所の解らな野菜はパスで
日本産の野菜で、できるだけ(絶対?)無農薬が
最低条件です。

2008.08.01 Fri 08:04
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎まーさん
わたくし、中国も嫌いですが、アメリカも嫌いです。

中国人は謝らない。
アメリカ人は身勝手な押し売り。

牛も30ヶ月以上の牛を買って欲しいなら、日本の牛も輸入再開しろ!!ってんの。
 (あれ? 再開してるのかな?)

ところでアメリカ人ってGMの穀物を食べまくってるのでしょうかね?
2008.08.01 Fri 13:19
Edit | Reply |  

Add your comment