「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それも一つの手 

いや~~~、本当に自然栽培は難しい!!

提唱者の一人岡田茂吉さんの言葉によれば、「自然農法は誰でもできるとあります。」


で、実際は。。。。。
難しいっす (。>_<。)


でもそれは自然栽培とは何ぞや?と言う、根本原理をまだ理解していないのかも知れない。
目先の事ばかりを見ているのではないか?


肥毒って何?
自然栽培暦何十年の農家さんでも、いまだに肥毒抜きの作業は怠らないらしい。

雑草って何?
どうしてあんなに元気に生えてくるの?

土って何?
どうして硬かったり、柔らかかったりするの?
匂いがしたり、しなかったりするの?

どうして作物の根っこは伸びやすかったり、伸びにくかったりするの?
堆肥を入れれば、肥料を入れれば、よく伸びてくれるの?



自然栽培は本当に遣り甲斐が有り過ぎる!!
やってて面白いよ。
すぐに結果は出ないことも多々あるけど。


同じ自然農法(自然栽培)とあっても、野菜が元気な人の写真を見た。
あり?
でもよく文章を見ると追肥ってある。

な~んだ、有機栽培か!?

通りで野菜がデカイ筈だ。




先日ある方に言われました。
これから農業一本でやるなら、生活の為に一部有機栽培にするのも一つの手ですよ!って。

こだわりは拘りであって、暮らしていくのと理想は別個なのです。
だから自然栽培の講習を開いている某自然食品店では、講師の自然栽培農家さんが最初から自然栽培一本で行かず、一部を有機でやって生計を立てろと仰るそうです。

自然栽培は難しいからね。
ポシャッては元も子もないから。


けど、僕って意外と頑固者ですから。。。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。