「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特化する「あぐりーも」 

スレッドテーマを「社長のブログ」欄で投稿してしまいました。
だって一応私耕作人は『自然農園あぐりーも』の代表 兼 平の小作人ですから。

あ、最近になって読み始めた人の為に書いておきます。

『耕作人』と言うAuthor名は、元々最初は『小作人』にする予定だったのです。
だって、背は小っこいし、畑も小っこかったし、実際に小作料払ってるし。


さて、社長様らしくお仕事の話を書いて見ます。

別に農業じゃなくても、仕事をする上で目標を立てるのは当然の事!!

僕の場合は3年を目途に、1年ごとの計画、半年ごとの計画、4分の1半期ごとの計画を大まかに頭に描いて、それに沿って行動しています。
    (これ、サラリーマンとかの会社員なら、上司に報告する為に書面に纏めるんだとけど、
     性格的に無理です、頭の中のみです。)

畑を刈り始めてから3年が過ぎ、4年目にして最低目標にしていた面積に畑を増やしたのは前回も書いた通り。

まだまだ畑は増やしていかなければいけないけど、それとは別にある目標を置いている。


同じ愛知県内の、仮にT農園としておこう。


主にイタリア野菜を作っている農園としては、県内最大手だと思う。

就農当初から目標にしていたが、当時の僕から見ればはるか雲の上の存在。

まだまだ畑の規模では負けているが、就農当時に比べれば、かなり手の届く範囲に近づいてきた。
そちらの農園は物によっては減農薬で栽培しているし、こっちは自然栽培と言うメリットもある。

ただここに追いつくには、3年ではちと短いので、5年で追いつける位までは行きたい。

それには『あぐりーも』を特化させる必要があると思っている。

現在、年間にしたら5~60種類ほどの野菜を栽培しているのですが、これを多くても40種類までには絞り込みたい。

一般家庭向けに栽培している多品目農家なら年間70種類くらいは必要だと思うが、僕には真似できない芸当だ。
素直に凄いと思う。

特化内容は当初よりのイタリア野菜と愛知の伝統野菜が、より中心になるだろう。

来夏以降(半年後)までには、色々と手を打たなければいけない事も生じてくる。

栽培、販売、営業計画・・・・&・・・・・子育てと、増々忙しくなりそうだ。




スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。