「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年もやはり 

いよいよ残り2日。

今年も何だかんだで無事終了しそうです。

今年の反省は色々ありますが、ここでは書きません。
自分自身の中で消化&噛締めたいと思います。


今年の反省も大切ですが、来年に向けての計画の方が頭の中をグルグルしています。

今年新しく借りた畑や各種消耗品の補充など頭の痛い事ばかりです。

そんな中、来年に関しては畑を増やす予定をしていなかったんですけど、1反前後の畑を増やしたいと考えています。
それも根菜が栽培可能な、どちらかというと砂地のような畑を。

今ある畑の半分は粘土質の畑で、根菜の栽培には目茶苦茶に不向きです。
調子がいい畑ではどうしてもメインで多く栽培するものが中心になってくるのですが、どうしても不都合が生じてきます。

たとえばナス。
ナスの収穫は台風害などがなければ、概ね10月中ごろまでは収穫できますが、その頃まで収穫し続けると秋冬野菜の栽培場所がかなり狭くなってしまいます。

これを解消するためには1反程度の砂地の畑があると、かなり助かるな~って考えています。


例えば畑の総面積は7反であったとしても、実質の稼動面積を常時5反~5反5畝程度にしたいと言うことです。
残り2反はお休み&季節ごとの入れ替え準備に当てる。

そうすればかなり余裕を持った作付け面積を確保できるのではなどと。。。


何れにしろもう一枚砂地っぽい畑が欲しいのは事実。
来年もやはり畑探しをしなければ(汗)


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。