FC2ブログ

「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

困った表現 

ららかんが「このお米ってどうなの? 自然農法米って書いてあるけど?」と、某ネットショップ「○天」内のお米を取り扱うサイトを見せてきた。


そのページには自然あふれる棚田で、昔ながらの落ち葉や山草の自然循環堆肥を使用し、手間隙かけた美味しい自然農法のお米だと紹介されていた。

写真には棚田の風情ある風景が写し出され、虫や生き物にあふれる素晴らしい環境だとも書いてある。


で、     ず~~~~~っと最後まで読んでいくと、こんな困った一文が

地力を高め化学肥料を使わないように、無農薬を目指した自然農法で、作りお届けします

な・・・何?
目指した?

使ってるジャン ヾ( ̄p ̄) ォィォィ


私、常々自然農法なり自然栽培と言われる農法は無肥料・無堆肥・無農薬が条件であると言ってきました。
ちょっと譲って、植物性堆肥を使う事までは認めますが、無農薬を目指したって??

自然農法は有機JAS法のように規定が決まっているわけではないので、文章をどう表現しようが罰則なんぞは無いが、私や私の様な栽培方法で真面目に自然農法している人から見たら、迷惑千万な表現だ。

自然農法の創始者、岡田茂吉氏と福岡正信氏の両名とも、農薬をちょっとでも使って良いとは一言も書いていない!!


こういう曖昧な表現をされると、自然農法のことを余り知らない消費者への誤解の元になる。


皆さん、ネットなどお取り寄せで農産物を買う場合、こうした文章は最後までキチンと読んでから購入してください。
そして自然農法とはどんな栽培方法なんだ?と言うのをもっと理解してださい。

自然農法(自然栽培)は最も安全性が信頼でき、最も環境に負荷をかけない栽培方法で、農薬を使うなどは絶対に許される事ではありません。


ちなみにこの米屋さん。
教えて欲しい人にはコッソリ教えます。

絶対に自然農法のお米だとの感覚では購入しないで下さい。
減または低農薬の特別栽培米と認識してでしたらどうぞ。


スポンサーサイト



Comment

Name - けい  

Title - 

なんかわかりますよ。
私で言えば「自然のままのヨーグルト」を
謳っているものが「脱脂粉乳 ブドウ糖果糖液糖
増粘剤」入りだったというような。

私は減農薬米でも買いますが正直に書いて
欲しい。人間性は本当に大切です。
早く自然農法の基準ができればよいですね。
2009.01.18 Sun 08:12
Edit | Reply |  

Name - あかざ  

Title - 確かに!

うちの会社で以前働いてたおじいさんが、畑に来てくれた人にしょっちゅう、「有機栽培、自然農法、いろいろ言ってもみんなどうせ薬つかってんだよ!今どき薬使わない農業なんてないわ」
って言ってて、すごく不愉快になってました…。
わたし自身、有機栽培の農家で育ってきて、それには嘘もないので、農薬使わずに、真面目にやってるひとは、世間の誤解がたくさんあるんだな~って思います。

いろんな情報が交錯する社会だからこそ、生まれる誤解や認識の違いがあるのですね。
2009.01.18 Sun 10:53
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎けいさん
商品の表示がキチンとされていれば、それが例え農薬を使ったお米でも、納得して買う事はあります。
偽装は困りますが。。。

自然農法の基準なんて本来簡単な筈なんです。
だって無肥料・無堆肥・無農薬。
たったこれだけなんですから。




 ◎あかざさん
有機栽培として管理している会社の、当のスタッフがそれでは困りすぎです。
退職してしまったので、そんな心配はもう無いでしょうが。

有機や自然栽培の違いって、一般の人には非常に分かり辛い事だと思います。
だからこそ微力ながらこうしてブログで折に触れるのですが、ホントに微力すぎるので。。。
2009.01.18 Sun 17:19
Edit | Reply |  

Name - サユール  

Title - 

古くから食品業界、特に無農薬に関してはまさに生産者と業者(流通)の「化かし合い」ということが大勢を占めていたのは事実だと思います。

だから「どうせ(口でどういっても)どこも薬使ってんだよ」と考えるのは業者の仲だけでもなく、生産者にも多くいた(いまでもいる?)と思います。

実際、それだけ無農薬で栽培することが難しいということの裏返しだということでしょう。
僕はそこに”有機栽培”の限界を見てしまいます。有機栽培がダメというのではないが、あまりにも難しい。
”無肥料栽培/無施肥栽培”がこの難題を乗り越えれるのではないかと。


実際はなかなか超えられませんが・・・。
2009.01.20 Tue 14:16
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎サユールさん
>生産者にも多くいた(いまでもいる?)と思います。

悲しいかな、上のあかざさんと言う方のコメントに有るように、今でもいるようです。

>有機栽培の限界。
農家を目指しだした当初、無肥料栽培なんて事は知らず、普通に牛糞やら鶏糞を使っていたときがありました。

その時にはトマトが疫病か青枯れ病のような症状で全滅してしまったのですが、無肥料栽培にしてから虫害は未だにありますが、病気自体の発生は非常に少ないのが現状です。

やっぱ無肥料栽培・・・万歳です!
2009.01.20 Tue 20:46
Edit | Reply |  

Name - 田中敬三  

Title - 

わたしも、自然農の条件を満たしていないのに、「自然農を目指しています」と言っているものですから、わたしの農産物は自然農の条件で生産してると「勘違いして(?)」注文してくる方があります。その意味では、「まぎらわしい宣伝」をしている「迷惑な生産者」に分類さてしまうかもしれません。

自然農を目指しているのは事実ですし、「自然農ではありません」とも、ことわってもいますし、農産物を紹介するところで「自然農」の語は、使ったことがないのですが、それでも、「自然農はいいよ」みたいな発言をすると、わたしの農産物は、全部自然農の条件で栽培しているように受け取る人がいるんですよね。

耕作人さんからすると、わたしみたいな半端なやり方をされるのは、迷惑ですか。
2009.01.21 Wed 10:52
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎田中さん
田中さんの場合、、「自然農ではありません」とも、ことわってもいるわけですよね?

自然農を目指していて、その現状で「私は現在これこれこのような農法を取っています」と言っているなら、それは全く問題ないと思います。

ですから田中さんのところに注文があった場合、補足で購入者さんに説明してあげれば良いだけだと思います。

件の米屋は明らかに消費者を紛らわそうとしたHPの構成が見え見えなので、今回は書かしていただきました。

表示さえキチンとすれば、私はそれがバリバリに農薬を使っていようが、その生産者や販売者の自由であると思っていますので。

2009.01.21 Wed 13:19
Edit | Reply |  

Name - 田中敬三  

Title - 

耕作人さん、以前、このブログで「自然農やめます」って記事を書いていましたよね。
自然農の条件として「不耕起」を重視する人から見たら、耕作人さんも、「トラクターで耕していて、何が“自然農あぐりーも”だ!」って、憤慨されてるかもしれません。

自然農・自然農法の定義のずれで、いろいろ軋轢はあるかもしれないです。でも、だからといって、有機栽培みたいに、自然農も法律で定義して、違反者は処罰する、って方向に行っても、困ると思うんです。

このへん、悩ましいです。
2009.01.21 Wed 19:00
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎田中さん
タイトルだけ見ればトラクターで?って思われても仕方ありませんが、その記事を書いたときに、どうしてそのまま自然農という言葉を使わせてもらうかの理由みたいなのを書いたので、そちらを参照いただくしかありません。

毎回そんな理由を冒頭に書くのも面倒くさいです。

私が今回書いたのは、そうした精神的と言うか、個々の栽培方法への拘りへの批判ではなく、件の業者が消費者を紛らわせようとしているのが見えたからです。

先回のコメントにも書きましたが、消費者を騙す為の表示は勘弁してもらいたい。
ただその一点だけです。

もし多くの人が私に対して「どこが自然農なんだよ!」とクレームを付けるなら、答えは簡単。

謝ってタイトル変えるだけです。
2009.01.21 Wed 23:16
Edit | Reply |  

Name - 田中敬三  

Title - 

農法は、人それぞれでいい、というのは、わたしもそう思います。耕作人さんが自然農(不耕起)で栽培していたことを、わたしは知っていますから、タイトルに「自然農」が残っている事情も理解しています。わたしは、そのことについて、クレームはつけませんし、事情を知っている耕作人さんのお客さんたちも、クレームをつけることはないと思います。ただ、「自然農」で検索して、こちらのブログに飛んできた人の中には、「なんじゃこりゃ?!」と思う人もいるのではないかと、想像します。

わたしのホームページを見て、「自然農の野菜を売っている人を、やっと見つけました。田中さんだけが頼りです。よろしくお願いします。」なんて、メールをよこす人がいるんです。で、わたしは、「いや、耕していますし、肥料もやってますし、ぜんぜん自然農じゃないんですけど……」って、一所懸命弁解してます。
「誤解」と言えば、「誤解」なんですけど、伝えたい気持ちと、その気持ちの受け取られ方の「ずれ」には、反省させられることしきりです。

耕作人さんが「だまそうとしている」と指摘されているお米屋さんは、農薬を使っていることを隠しているわけではありませんから、もしかしてもしかしたら、単純に「自然農」の一般的な意味・定義を知らないだけかもしれません。自然の豊かな棚田で、自然の堆肥を使って栽培している、って言っているんでしょう? 本気で、そういうのが自然農だと思っているのかもしれませんよ。
教えてあげればいいんじゃないですか。匿名ででも。
2009.01.22 Thu 07:22
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎田中さん
文章の書き方って難しいです。
田中さんは事情を知っているので、田中さんからのクレームとは思っていませんので、ご安心を。

>教えてあげればいいんじゃないですか。匿名ででも。

それも有りかも知れませんね。
裏事情と鑑みながら考えて見ます。
2009.01.22 Thu 12:52
Edit | Reply |  

Name - たつま  

Title - 

改めて、文章での表現は難しいと考えさせられました。
うちの畑も、耕作人さんから見れば「おいっ!」でしょうね(汗)
でも、新しい畑は最初から「自然農法」でいきますよ!
耕運機は入れますけどね。。。

ちなみに件のHP、良かったら教えて下さい。
ぜひ見てみたいです。
宜しくお願いします!
2009.01.26 Mon 19:50
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎たつまさん
新しい畑を完全無肥料・無堆肥・無農薬でやるなら堂々と「自然農法だい!!」と名乗れば良いし、古い畑がそうでないなら、それは顧客に履歴をキチンと言えば良い。
ただそれだけですよ。

ただ個人的には自然農法の定義は、完全無肥料・無堆肥・無農薬だと思っています。
岡田・福岡2大創始者が堆肥もいらないって言っているんだから。
 (耕す耕さないはどっちでも良いと思っています)

お米こちらです。
http://item.rakuten.co.jp/kakimoto/100295/
2009.01.27 Tue 12:45
Edit | Reply |  

Add your comment