「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強風とぬかるみ 

一昨日から昨日の朝方に少し多めの雨が降りました。

おまけにその後低気圧が発達して、名古屋も強風が吹いています。
日差しはそこそこあるのですが、肌寒い一日です。


この土日に夏の準備の一環として、一番新しい畑の草刈りをしようと思っていたのですが、雨のせいで地面がぬかるんで、効率よく草刈り作業が出来なさそうなんで、ちょっと躊躇しています。

ただでさえ粘土質の畑です。
畑に入って踏み固めては余計に厄介な状態になってしまいそうで。


あきらめて何をしようかと思っていたのですが、とりあえず追加でハウスの中に種を蒔く事にしました。

ラディッシュと赤からし菜。

どちらも短期で収穫できるのが嬉しいです。


強風吹き荒む中なので、ハウスの中でポカポカ作業が軟弱者の私にはピッタリです。
強風が吹いているとは言え、ほぼ密閉状態のハウスの中は30℃以上ありますから。


先行して蒔いたルッコラともう一つのイタリア野菜。
ルッコラは順調ですが、もう一つの方は2週間経っても発芽する兆しが全く見えません。

夜間温度が低すぎるのか、日中の温度が高すぎるのか?
これまた見当が付いていません。

その野菜自体はイタリアはローマ地方の特産で、春になるとメルカート(市場)に出回るらしいのです。
しかも、栽培期間は1ヶ月らしいですから、4月に採ろうと考えると、3月には種まきをしなくてはいけません。
3月の気温。。。

以前種屋さんに発芽適温を教えてくれとメールしたのですが、回答が返って来てないし。。。

土壌の状態にも問題があるのかもしれません。
ただ数個穿り返してみたのですが、種自体が死んでしまったと言うようには見えないので、元々時間がかかるのかも知れません。

どっちみち試作品ですので、態勢にはそれほど影響はありません。
 (収穫できたら儲けモン程度の感覚です)


とりあえず、この強風が収まるのと、雨が降らずに畑が乾くのを待ってからじゃないと、外の作業がやり辛いです。
露地農家にとってはお天道様の気まぐれは、悩みの種の一つです。



スポンサーサイト

Comment

Name - あかざ  

Title - 

強風はつらいですね…。わたしは最近は毎日新しい畑の草刈りに追われてます
種の発芽時間はそれぞれで、初めて蒔く品種は発芽までドキドキですね

もともと、植物は、自然に生えて、ひとりで成長するようにできていると思うので、本人たちが発芽したいと思ったら発芽するのではないでしょうか?(個人的な考え方ですが…)

また、芽が出たら教えてください
2009.02.01 Sun 20:13
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎あかざさん
>本人たちが発芽したいと思ったら発芽するのではないでしょうか?

これ、凄い感覚だと思いますよv-237
その感覚が究極に発展したのが、自然農法の創始者【福岡正信】さんの粘土団子なんですから。

さすがは真面目な有機農家の娘ですねv-218
2009.02.02 Mon 00:09
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。