「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決断を下す 

トラクターをぶっ壊してしまいショックを受けている耕作人です。
全壊ではなく、ある一部品を壊してしまっただけなのでその部品を交換すれば済むわけですが、端境期で収入がない時だけに痛すぎます。

お金がない事を察してくれた農機具屋さんが中古部品を探してみると言って下さったのは有難い一言です。
でも無ければ当然新品を購入することに。
幾ら掛かるんだろう?




話し変わって、ある決断を下しました。
かなりの妥協で私としては、今でも本当に良いのだろうかと悶々としています。

再三書いている去年の夏に新しく借りた畑に、余所で作った堆肥を土壌改良剤として投入することに決めました。
決めましたというか、発注を済ませました。

ここで言う堆肥は動物の糞尿を使った厩堆肥ではなく、木屑や落ち葉やらのみを使ったいわゆる植物性の堆肥です。


決断に至った理由は試しに作っている絹さややソラマメなどの豆類でも、その生育がかんばしくない事。

ここは粘土質の畑なんですが、その他の粘土質の畑で豆類を作った場合はある程度の生育は見せてくれるのです。
普通くらいに育ってくれるのなら態々堆肥を投入しよなどとは考えませんが、そう言ったレベルでは無い。

何人かの人はその畑を見たことがあるので判っていただけると思いますが、あのガチガチさはなんともし難いものがあります。



もう一つの理由は、今年から農業一本で食って行くので、時間と金額的余裕が無いということ。

時間と金額的な余裕があれば、5年ほどかけてある程度の団粒構造のある土質まで持っていく自信はあります。

実際にそうした畑が一箇所ありますから、その経験は実証済みですが、先にも書いた通り余裕が無いのです。

普通程度の畑なら1反につき1t程度の堆肥を投入するのがベターだと思いますが、今回は1反につき3t程度入れようかと思っています。

ついでに書けば、来年もその半分くらいは入れ、その後も状態しだいでは投入しようかと考えています。

それほど手強い土質です。



これに関して「耕作人、あんた自然栽培じゃないのか!?」と言われる方もいらっしゃるかもしれません。
この畑で栽培したものに関しては「有機栽培野菜」として取り扱います。


「なに妥協してんだよ!?」と思われても仕方がありません。
言うのは簡単、生業としていくのは他人ではなく私自身なのですから。

その代りキチンと区別はつけますので。


自然栽培の研修受付中です。  
  
詳しくはここをクリックしてね!

スポンサーサイト

Comment

Name - らでぃか  

Title - 

耕作人さん、そのようなやり方でいいのでは。土地によってやり方が変わってあたりまえです。ウソをついて販売するわけではないのですから。
家族を守るのも大事ですしね。
2009.04.02 Thu 20:15
Edit | Reply |  

Name - へんなおじさん  

Title - 

強粘土ですか。大変ですよね。 自然栽培で 一般的には茎葉は持ち出すみたいですが、その方法だと粘土は改良できるまで時間がかかりすぎると思います。 私のやり方は 麦類やソルゴーでその茎葉を乾燥させて土に混ぜ込むと1作で結構いい状態になりますよ。 堆肥を購入されるのに 余計なお節介になりますが。
2009.04.02 Thu 23:27
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎らでぃかさん
何だかね。
今でも罪悪感みたいな物があるんですよ。
土に対して、余分な物入れてゴメンなさいみたいな。
ま、色々事情があるから仕方が無いです。




 ◎へんなおじさんさん
コメント有難うございます。
いろんな意味で今回は余裕がないので、ご推奨のやり方は今回は出来ないんです。
本当ならそのやり方で行きたいんですけど。
今回は堆肥+サブソイラーです。

あ、堆肥はタダで貰えるので。
2009.04.03 Fri 00:14
Edit | Reply |  

Name - サユール  

Title - 

外野からこういうのも恐縮ですが・・・


言われている粘土質の圃場であれば堆肥を入れるのはある意味、”適切な”処置かもしれませんよ。

作物が育ちにくいほどの土地にはやはりそれなりの理由があるわけでしょうし、それを改善するのは作物を栽培するのが目的なら必要なことですし。

土にとって余分なものかはわからないですよね、実際のところ?

肥料や堆肥を使わない事が大切ではなくって、いい野菜を栽培することが大切なんですから。


勝手な想像ですが、「自然栽培じゃないの?」とか「妥協したの?」とか言う人はそういないと思いますよ。
いたとしたら、そういう人は何やったって好意的なことはいわない人だとおもいますので気にしない方がいいと思います。


乱暴な意見に聞えたらごめんなさい。

結果どうでるかわかりませんが、がんばって続けていってください。
2009.04.03 Fri 22:55
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎サユールさん
サユールさんに実際に見ていただいた、あの石コロだらけの畑です。

取りあえず堆肥を撒いて、表土を何とかしようと思っています。
下層に関してはゆっくりしか出来ませんので。
2009.04.04 Sat 11:55
Edit | Reply |  

Name - たつま  

Title - 

うちの畑にもグライ土が出てきました・・・

半端ないですよ。
「竹にグライかよ。。。」としばし呆然としてました。
緑肥で少しは改善するか、試してみるつもりです。

あ~ぁ。。。
2009.04.04 Sat 19:04
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎たつまさん
ま、これから畑を借りるときはお互い慎重に土を調べてから、って事で。
土の下層は改良しないといけないから、エン麦とかを蒔いた方が良いかもね?
2009.04.05 Sun 12:51
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。