「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖い話 

先日、野菜を卸しに【和伊菜】さんへお伺いした時、シェフとした話なのですが。。。

 シェフもパセリやハーブ類を栽培しているのですが、たまたまパセリが無くなりそうになったので、仕方なくスーパーに買いに行ったそうです。
 結局使わなっかたので、自分の青虫君が食べているパセリの近くに置いておいたそうです。
 
 沢山のパセリが来て青虫君は「ワーイ」とばかりにスーパーのパセリに走っていき、モシャモシャと食べその数分後には息絶えたそうです。

 その息絶えた姿も、普通青虫が死ぬときはたいてい丸まっているか、グターとしているかだと思うのですが、ピキーンと硬直状態だったらしいです。

 自然農法を営む僕がここまで書けば何を言いたいかお分りになると思いますが、そう農薬です

 シェフのパセリは勿論無農薬。
対してスーパーのパセリは恐らく何かの農薬がかかっているとおもいます。

 虫が死ぬ?  
そりゃ~結構な事だという声も聞こえてきそうですが、では極端にこの様に
考えてみてはいかがでしょうか?


 もし人間がこの哀れな青虫君と同じ大きさだったらどうなっていたでしょうか?

 虫と人間の体の作りが違うとしても、同等の摂取量なら何か重大な問題が起こるような気がしませんか?
 よく今の農薬は昔のように危険ではないとの話を耳にしますが、それは人間が青虫君より大きいから結果が出ていないだけではないかと常々思っています。

 このまま安易に自然界の調和を乱し、そして自分自身の体へ知らないうちに
不必要な化学的成分を摂取して行ってもいいのでしょうか?
 農水省は最近なぜ低農薬や有機などのエコファーマーの認定者を増やそうとしているのでしょうか?

生き物が死ぬ薬が使われているのですよ。
 
スポンサーサイト

Comment

Name - たつま  

Title - 

耕作人さん、おはようございます。
目に見えないものだからこそ、人間はそういうものに疎いというか、効果があるから農薬を使っている。
自分達の手間、作業を都合よく改善する為にそういったものを使う。
消費者がそういう「見栄えのいいもの」が良い野菜だという認識を持っている事自体が恐ろしいことだと思います。
スーパーとかではそういった物しか売れないから、という理由もあるでしょうがそれは売り手の論理。
どういうものがいいものなのかを伝えていく責任はスーパーにもあるはず。
農家の方だけにそういったことを押し付けているのも問題。
自治体で農家に対し有機や無農薬をすすめているところもある。
でも農薬を買わなくなったら農協はどうなるんでしょう?
自分達の収益が減ります。
であれば必然的にそういった取組に対し非協力的になるはず。
今の有機野菜の基準の中で使用していい農薬があります。
それ自体おかしな話。
そういう農業になったのもここ50年の間です。
それ以前の代では自然農法に近い形で営んでいたと聞きます。
だからこそ安定しなかったという側面が今の農業の土台になっていると思います。
そろそろ誰もが気つかないと、とんでもないしっぺ返しが自然から来ると思うのは自分だけのかな。。。
みんな気づいてよ!
2005.10.19 Wed 09:49
Edit | Reply |  

Name - てんちゃん  

Title - 

菜園で採れない時期の野菜はスーパーで購入してます。

わかっているのです。
わかっているのですが、スーパーで安い野菜を購入しています。
硬直した青虫にはなりたくありません。
でも、手っ取り早い。
覚悟を決めて購入してます。
農薬漬けってわかってます。

「無農薬」「有機栽培」って書かれてありますが
偽装かもしれない。
だったら、安物でいい。
割り切ってます。

なるべく自給したいんですが、そういう訳にも行かないんですよね~v-292
小さななんちゃって菜園ですし。
2005.10.19 Wed 19:49
Edit | Reply |  

Name - 耕作人K  

Title - 

 たつまさん へ

 自分で作った野菜・・・確かに美味しいけど一つだけ面倒くさいことがあります。
虫のチェックです。

 無農薬だから虫がいて当然だけど、今までスーパーなどの野菜に慣れていると正直ウザイです。

 無農薬で野菜を作っている人がこの様に思うのですから、一般の消費者が虫食いの無い綺麗な野菜を買う気持は充分分かります。
(値段も安いしね)

 スーパーなど小売店・生産者である農家そして一般消費者、それぞれが少し考え方を変えられれば良いのですが・・・
実際には気の長い話になるでしょう。




 てんちゃん へ

 僕も畑の野菜だけでは種類に限りがあるのでスーパーに行きますよ。
 街に住んでいる実生活では、全て無農薬の野菜で賄おうって言っても、そりゃ無理ってもんです。

 ただ出来るだけ安全に作られている物を買うようにしているので、我が家のエンゲル係数はかなり高いと思います。
(人間体が一番の資本ですから)

 
2005.10.19 Wed 20:53
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 

食べようと思った野菜に虫がついていた。
これはまぁいいか。
食べようと思った野菜が虫に全部食べられた。
これもまぁいい。
これから1年かけて育ててゆくタマネギの苗がひとつ、またひとつとネキリ虫に倒されていく!
どうすればいいのでしょう!
2005.10.19 Wed 23:50
Edit | Reply |  

Name - 耕作人K  

Title - 

 名無しさん へ

 玉ねぎの苗ですね・・・・・フムフム。
喰われちゃった物は悔しいけど諦めています。
 例えば何万何千と苗を育てて、それがネキリ虫の為に、全滅したなんて聞いたことがありません。
 虫も全てを食い尽くすほどバカではないと思っています。

 でもただ単に諦めるのも嫌なので、病害虫がなるべく発生しないようにゆっくりと土を育てていくしかないのでしょうか?

 僕の場合は自然農法なのでかなりゆっくりとなると思うのですが・・・

 
2005.10.20 Thu 09:26
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。