FC2ブログ

「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

時給15円 

昨夜は珍しくはっちゃんが大夜泣きをして途中で起されて、今朝8:00に「寝坊したー!」と慌てて畑に向かった耕作人です。

相変わらず目覚めが悪いです ( >▽)ゞ ふぁ~~



今年は例年に比べると、春の豆の収穫期間が微妙に短いです。
例年だと3週間半くらいはベストな状態で出荷できるのですが、今年は3週間で終わってしまいました。

5月の10日以降、3日ほど30℃以上の気温になった暑い日がありましたが、その暑さのせいで一気に枯れ始めてしまいました。

今週で春の豆の出荷はほぼ終わりです。



で、今まで考えてことなかったのですが、一つの作物に対して種蒔きから出荷終了までを時給に換算したら、どれ位になるのかと思ってちょっと計算してみました。

絹さやをモデルに計算してみたのですが、ナ・ン・ト! 時給15円でした   ヘ(°◇、°)ノ~

絹さや単体の総売り上げを栽培期間と一日平均8時間労働で割ったら、こんな数字が出てきて呆れて笑えて来ました。

よくもまァ~、こんな時給で暮らしていけるものです。
ある意味、感動しました。


もちろん絹さやのように収穫まで長く時間を取られる物もありますが、2ヶ月程度で収穫できる物もありますので、こうした作物単体を時給換算すればもっと高時給にもなりますが、それでも時給1,000円なんて数字にはなりません。


同じく、もう終了の早生玉ねぎでも計算してみました。
早生玉ねぎは絹さやに比べて2ヶ月も栽培期間が長いのに、時給17円でした。

絹さやに比べて総売り上げ額があったので、栽培期間が長くても時給が2円も(?)上だったのが、今まで考えた事が無かったので自分的にはちょっと面白かったです。



さて、これでまた自分の中での新たな目標を設定できます。

来期の絹さや単体の時給を、倍の30円にする!!

ちなみに去年のデータを引っ張り出してきて計算してみたら、去年は時給9円くらいでした。
こうしてみると今年は成長した(?)のが伺えます。



でも大っきな声では言えないけど、今期は絹さや用に大量に支柱を買って、その代金が殆ど売上額と同じくらいなんだよね~。

だから本当は時給0円なんです 



★自然栽培の研修受付中です。  
  
詳しくはここをクリックしてね!



スポンサーサイト



Comment

Add your comment