FC2ブログ

「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

トマト着果 

昨日で全ての夏野菜の定植が完了しました。

私に後できることは、より順調に生育ができるように整枝をしたり、声をかけてあげる事ぐらい。
土の力と野菜の生命力を信じるだけです。

2月末の種蒔きから毎日畑に行って育苗管理をして、定植をしてと今まで休むことなく働いていたので、さすがに最近はバテてきました。

去年もそうでしたが、この時期に一休みしようと思っています。




最初のトマトを定植してし始めてから1ヶ月が過ぎようとしています。


トマトの黄色い花も咲いて、そろそろ着果している実もないかな~~、と探していたらやっぱり有りました
トマトセルヴァティカ09/5/27(着果)
この写真の物などは既にかなり育っていますが、その他にもチラホラと見受けられました。

写真のトマトは小さな実で、だいたい直径が7mmくらい。
このトマトは原種に近い小さなトマトなので、大きくなったとしても1~1.5cm程度ですので比較的早く赤く色付いてきてくれます。



このトマトは露地のトマトで、若干病気が見られます。
褐色輪紋病という病気です。

んが!!  それほど心配していません。

その病気は下葉のほうには時たま有りますが、上の方に行くにしたがって殆ど見受けられません。
無肥料・無堆肥・無農薬の自然栽培のトマトなら、病気には強いと思っています。

梅雨時期乗り越えてしまえば、問題ないはずです。




PS : 連作4年目のハウス内のトマトは病気一つ出ずに、順調に生育中
     トマトに連作障害が出るなんて言った奴は何処のどいつだ! ってくらい順調です。





スポンサーサイト



Comment

Name - awaji_aic  

Title - 

ho- トマトの連作OKでしたか。
興味深いことですね。
今後にも期待しています。
2009.05.28 Thu 15:01
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎ awaji_aicさん
大きなトマト専門の農家さんは必ず連作になります。

慣行農業なら薬剤で土壌殺菌をしてしまう事が多いのでしょうが、中にはそんな事をしない、トマト専門の農家さんも実際に身近にいます。

連作が出来ないのは土に問題があるのではないでしょうか?

但し、私の場合、品種ごとに植える順番を毎年変えています。
同じ品種は同じ場所では作りません。
 (面積の物理上、重なる事もしばしばありますけど無問題!)
2009.05.28 Thu 22:54
Edit | Reply |  

Name - awaji_aic  

Title - 

なるほど品種を変えるという手もあるのですね。
友人にトマト大好き夫婦がいて、昨年は失敗だったとがっかりしてました。
もちろんめげずに今年も植えたらしいのですが・・
そういえば、モモ太郎が好みで、こればっかり植え続けているようです。
この話をそのご夫婦に伝えてあげようーっと。
でも、来年しか間に合わないけど・・ネ。
2009.05.29 Fri 10:15
Edit | Reply |  

Add your comment