「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本姿勢とプレッシャー 

一部の野菜を除いて各野菜の生長はすこぶる順調である。
やはり一日中畑にいると細かく目が行き届くのと、マルチなど農業資材を使用して金を掛けただけの事はある。


それに比例してか、飲食店様の問い合わせも多く頂戴しています。
ブログ横のプロフィール欄に乗っているお店、現在毎週野菜をお届けしているお店で、その他にも数件ウェイティングを掛けさせていただいている。


うちの基本姿勢として、まずは既存のお客様と、問い合わせを頂いた先着順での納品を優先させていただいている。
私が駆け出しの頃(ま~、今でも駆け出しのようなモノだが)からご支援を頂いているので、義理人情を欠くことは出来ない。


その新規のお店の中でもそろそろ毎週野菜をお届けしようと思っているお店の一軒を、前振りで紹介しましょう。


うちとしては珍しく京料理のお店です。

名古屋市中川区八田駅近くにある「京加茂」さんです。

こちらのお店のご主人、京都で江戸時代から続く400年の歴史を持つ超・超・超・老舗。
あの南禅寺「瓢亭」さんでも料理を学んだそうである。

「瓢亭」さんに入ることすら、ごくごく普通に修行をされた料理人さんでは難しいと思うのだが、そこに入っただけでも私から見たら物凄いことだと思う。

そんなご主人がひょんな事から自然栽培の存在を知り、当園にお声を掛けていただいた。

先日スポットではあるけど初納品として愛知の伝統野菜「愛知白玉ねぎ」を納品させていただき、絶賛のお声を頂きました。



問い合わせを頂いたのが夏の栽培計画を決めてしまった後だったため、夏の野菜に関してはイタリア品種の野菜が多いのですが、京料理の新たな可能性を探るべく、そうした野菜にもチャレンジしていただけるようで、何とも楽しみな事です。

先日、その京加茂さんで日本酒の試飲会がもようされて、私もお声を掛けていただいたので行ってまいりました。
かなり日本酒には力を入れています。
それも淡麗辛口の軽やかな日本酒ではなく、昔ながらの腰のある力強い日本酒です。

その試飲会のもようは京加茂さんのブログでどうぞ。


力のある日本酒に合わせようとすれば、料理も相応の力強さが必要なわけで、おのずと私が作る自然栽培の野菜のレベルもますます上げていかなくてはいけないことでしょう。

プレッシャーが掛かりますね~~~



また、その他にもお声を掛けていただいているお店も名古屋を代表する外食グループだったり、これから更にお店を拡大しようとしていたりする企業であったり、新進気鋭の野菜の仲介業者さんであったり等など、こちらも生産力アップにプレッシャーが掛かります~~~


但し、最初にも書いたとおりうちの基本姿勢は、まず既存のお店とのお付き合いを大切にすることです。

新規の問い合わせを頂いたからといって、喜び勇んですべてを均等に卸してしまっては、すぐに野菜を切らしてしまい既存のお店からの信用をなくしてしまいます。

だから私は新規のお店に関してはウェイティングを了承していただき、あせらずゆっくり確実に、野菜を供給する体制を築いていこうと思っています。


追伸 : 現在、自然栽培の野菜を扱うお店というのは、圧倒的にイタリアンやフレンチのお店が
     多い。
     そんな中で安全な自然栽培野菜に目を向けた日本料理屋さんとして、20年も営業を
     されている名古屋では老舗の域に達しようとしている京加茂さんの行動は注目に
     値すると思っている。
     生意気な意見かも知れないが、産地ブランドだけではなく、プラス野菜に対する真の
     安全性を日本料理屋さんも気にしていただけたら喜ばしいことだと思っています。


★自然栽培の研修受付中です。  
  
詳しくはここをクリックしてね!



スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。