「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原材料費だけで・・・? 

東海地区で人気のグルメブログがある。

元イタリアンのオーナーシェフと言う経歴を武器に、名古屋や近郊の飲食店を食べ歩き、ミッシェランばりに味やコストパフォーマンス、雰囲気などに星と点数をつけ、お店を辛口だったり、時には良いことを書いたりして批評をしているのが人気のようだが、たまに???と思うこともある。


今回もそうだ。

イタリアンにおけるパスタやピザなど、いわゆる粉物の原材料費を考えると、お店での売価が高すぎるのではないかと言うわけである。


その人曰く、家庭でトマトソースのパスタを作ろうとすれば材料費一人分100円で出来るのに、お店で食べると何故1,000円前後もするのか?と言う。

とても以前にイタリア料理店を経営していたとは思えない発言である。


お店で何かを食べれば料理を作ってもらって、皿も洗ってもらって、オーナーと従業員の給料が発生し、家賃があって、水道光熱費があってetc・・・ と色々な経費が掛かってくるし、もちろんプロの料理人としての技術料も加わる。

また粉物の料理だけでなく、その他の肉・魚・野菜などを使った料理との、総合的な原価率と利率の関係もあってお店の経営は成り立っていると言うのに。


それを家庭でパスタを作れば原材料費が100円で済むのに・・・、何て話はナンセンス極まりない。
オーナーシェフと言う経歴も疑いたくなる。

1,000円前後も出してパスタを食べたくなければ、自宅で元イタリアンシェフの腕をフルって、美味しい100円パスタを食べれば良いのに。


そんな話しを真に受けて、「私も不思議に思う」なんて共感のコメントを出している人も情けない。

今回は飲食店関係者だろうか? 多くの人が「勘違いしてない?」的なコメントを送っているが、全く同感。


中には、ブロガー自身が以前経営していたお店での原価と売価を公表もせずに、今は客の立場だからと逃げている事に腹立たしさを感じている人も入るようだ。



お百姓さんをやる前から、私は多くの飲食店の料理人さんたちに接する機会がある会社に勤めていたので分かるが、キチンと修行を積んだ料理人さんで、他店の悪口を言う方は少ないと思う。

いや、内々ではそうした話しもするが、ブログと言うあるていど公共性がある文章で、こうしたナンセンスな批評をするキチンと修行をした料理人はいないのではないのかな?


このブロガーのプロフィールを読むと、独学でイタリアンを勉強してお店を開いたらしい。
これはこれで素晴らしい事だが、なぜか閉店してしまった後に、こうしたブログを書いている。

独学での料理の勉強だけにとどまらず、よそ様や他店を思いやる気持ちも独学で学んで欲しかったと感じるのは私だけでしょうか?

東海地区のお店を紹介する辛口グルメブログはその他にも多くあり、職業柄参考にさせて頂いている場合もあるが、美味しかろうと好みで無かった(不味かった?)にしろ、最後に「ごちそうさま」と書いて締めくくっているグルメブログがある。

これは例え多少辛口の批評が書いてあったとしても、読んでいて最後には好感がもてます。
 (その他のブロガーは貶すだけ貶して、食材などヘの感謝もせずにお終いだから)



余りにもナンセンスな話しに、今回は私も辛口なブログになってしまった。

アップしておいてなんだが、少しだけ反省の心を残しつつ。。。


スポンサーサイト

Comment

Name - awaji_aic  

Title - 

この件について私は耕作人さんと考えが少し異なるようですね。もちろんイタリア料理や農作業にたいしての耕作人さんの努力や工夫、思い入れは充分承知しています。

 相対的に飲食メニューの価格は原価の積み上げで決めているのではなく、余所があの値段だからうちは(も)この値段でいく、というような他力と地域で決まることが多いものです。
消費者にとってうれしい現象の例では、讃岐(地元)のうどん、名古屋の喫茶店モーニング、ビジネス街のランチメニューなどがあります。
こういった場所では、いくら原価を積み上げようと、味に格差をつけようとも、高額では商売が成り立ちにくいのも確かです。つまり競争の原理ですね。
地方に行くとイタリアレストランは比較的数も少なく、競争の波にもまれていないことも(たぶん)あるのでしょう。
私も地元にある数軒のイタリアレストランを訪問しても、そのブロガーと同様に「しょせんパスタなのに」という気持ちを(いくつかのお店では)持ってしまいます。
なぜなら、イタリア料理でなくとも安価で美味しいお店を知っているからです。
それは、うどんとそばの商売にも見られます。
確かにそば粉はうどん粉より高額ですが、たかが手打ちソバが(世間のイメージにある手打ちのこだわりのために)高めに価格を設定できる業界です。
反面、讃岐のうどんはどうでしょう?
行列ができるほど美味くても価格を吊り上げると客足は引いていきます。
ハッキリ言って消費者は風評であちこちふらつくものです。だからこそ飲食業はその良い方向の風評を作る努力をしないと、ソロバンだけではあの老舗のような末路を迎えます。
ただ、他店のノレンの下で商売している、つまらないお店もあることは確かなようですし、馬鹿な消費者は値段が高いと「美味しい」と勘違いしているのも事実です。
商売とは難しいものですね。

2009.06.03 Wed 09:05
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎awaji_aicさん
そうそう、 awaji_aic さんが仰るとおり地域性や競合他店との関係がある事も確かで、経費上の事やそれら様々な要因によってお店の売価は決まります。

飲食業に限らず、建築業でもそうですよね?

今回、このブロガーの言葉のみをただ表面上で捕らえれば、家の建築資材が1000万なんだから、3~4000万も取らずに、粗利0.1割くらいで商売しろと言っているのと、大げさに言えば同じです。

建築業のawaji_aic さんは、お客さんからそう見られて悔しくないでしょうか?

イタリアンだとか、そばやうどん、手打ちか乾麺か、そんな単純な事ではなく、もちろん原材料のことのみではなく、もっと色んな関わりがあって商売上の小売単価が設定されていることを、awaji_aic さんが言われる様に消費者が知るべきなんでしょう。


それから、これだけは反論させてください!
>「しょせんパスタなのに」という気持ちを(いくつかのお店では)持ってしまいます。

この事ですが、家庭で4~5人分の同じ種類のパスタを作るのと、何種類・何十皿と違うパスタを同時に、又は限られた営業時間内で絶え間なく美味しく、しかもあまり味がぶれない様に作ることがプロと素人の技術の差です。
パスタのほかに違う料理を同時進行する場合もあります。

原材料費だけを考えれば、たかが「しょせんパスタ」です。
でもそこにはプロの技術料が入っています。

2009.06.03 Wed 12:40
Edit | Reply |  

Name - awaji_aic  

Title - 

耕作人さんの気持ちよくわかります。

”たかがパスタ”にプロの技術が入って”さすがパスタ”になるのです。でも、見方を変えると、それはプロがやって当たり前のプロなのです。

私が言いたいのは、世の中にはエセプロがいて、美味しい処だけ持っていく人もいたり、高級食材を使って「どうだ、これがプロの味だ」なんて自慢顔の料理人とか。。
グルメTV番組の影響かもしれませんが、料理に金箔乗っけるような料理は、私が最も嫌うレシピです。そもそもグルメ番組は嫌いな私ですけど。

そのブロガーさんは(私も含めて)たまたまエセシェフに会ったのかもしれませんね。
2009.06.04 Thu 10:03
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎awaji_aic さん
ま~、私が例に出しているのはまともな事をやっている料理人さんを言っているのですが、そうでないお店にしたって原材料費だけでどうのこうのと言うつもりはありません。

何度も書きますが、そうしたお店でもそれなりの経費や諸々の事が重なり合っての価格なんですから。

そうしたお店などに当たってしまって嫌な思いをしたなら、次からは行かなければ良いだけの話ですし。


2009.06.04 Thu 17:22
Edit | Reply |  

Name - 株式会社とれいす 工藤  

Title - 

はじめまして。
株式会社とれいすの工藤と申します。

弊社は、ITで農業を活性化させて、日本を元気に笑顔に、
ということをミッションとしている会社です。

弊社が運営しているVeGieeというサイトに農家ユーザとして登録していただき、日々の活動を発信していただきたいと思いコメントさせていただきました。
※URLを本文に記載すると、コメントが拒否される可能性があったため、
urlの項目の部分に入力させていただきました。

VeGieeは、農業や食に関する情報を集めて、「農」「食」に関するコミュニケーションをたくさん生み出して、日本の農業や食文化を盛り上げていこうというサイトです。

① 農や食に関する情報を収集できる。
こだわりレストラン、直売所、農&食イベント・ツアーなど、農や食に関する様々な情報を見ることができます。

② 農や食に関する情報を発信できる。
上記のコンテンツは、ユーザの皆様に投稿、編集していただくことができるので、サイトをみんなでつくっていくことができます。また、登録いただいた農家、食プロ(飲食関係の仕事をしている方、資格をお持ちの方)ユーザの方には、ブログなどを公開していただくことで情報を発信していただけるようになっています。こうすることで、食材にこだわっている飲食店の方と、その食材を育てている農家さんの間のコミュニケーションが生まれやすくなります。

※ 登録時にブログのURLを入力していただければ、いままでどおりお使いのブログの方を更新していただくだけで、自動で弊社のサイトに投稿される仕組みになっているので、二重で更新する手間は発生しません。


突然かつ長文でのお願いになってしまい申し訳ありません。まずは、VeGieeを一度覗いてみていただけないでしょうか。不明点などあれば、メールをいただければ対応させていただきます。

以上、よろしくお願いいたします。
2009.06.04 Thu 21:15
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。