「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sol et Soleilさん 

今週から新しいお客様が増えましたので、また紹介させて頂きます。


お店の紹介の前にそちらの背景を書いておきます。
今さら紹介する必要もありませんが、日本を代表する飲食品メーカーであるカゴメ(株)。

意外と知られていないかも知れませんが、愛知県の東海市という所が発祥地です。

創業者は 明治期の蟹江一太郎氏。
元々農家の生まれで徴兵での陸軍退役時に上官から「農業をやるなら、洋野菜をやりなさい」と言われてトマト作りを開始し、やがてケチャップやウスターソースなどを開発して成功をしました。

今農業は栽培から加工流通サービスまでこなす、六次産業(一・二・三次産業を足して6)を推進しろなどと言われていますが、カゴメはそのパイオニアです。
カゴメの歴史

言ってみれば、ほぼ同郷の私の大先輩です。



その蟹江一太郎氏の功績を記すと共に、発祥地である地元に感謝の意味を込めて、お孫さんにあたるカゴメ前社長が「一太郎翁 とまと記念館」と言う施設を私費を投じて、この4月にオープンさせました。
(カゴメ株式会社とは別会社だそうです)

その施設の中にあるフレンチレストラン「Sol et Soleil(ソル・エ・ソレイユ)」さんに、自然栽培野菜を卸す事になりました。


創業者である蟹江一太郎氏が元々農家であった為なのかどうかは聞いてませんが、シェフが地元の若手農家を応援したいとの意向でお声をかけて頂きました。


で、今週から納品はしだしましたが、この6月と言うのは意外に出荷できる野菜の品目数が少ないので、私の野菜がたくさん出ると言う訳ではないと思いますが、それでも提供される事には違いありません。

そして徐々に品目も増えていくと思いますので、「Sol et Soleil(ソル・エ・ソレイユ)」さん共々私の野菜を宜しくお願いします。



そうそう余談ですが、初納品にお邪魔した時に、創業者のお孫さんであり、カゴメ(株)前社長であり、トマト記念館の現館長である蟹江氏に運良くお会いする事ができました。

農業をする前の会社員時代なら、まずお目にかかる事は出来ないであろう方だと思います。
第一線を退いたとは言え、やはり大きな企業のトップを勤めた方と言うのはどなたもそうですが、何となく違うオーラが出ています。




★自然栽培の研修受付中です。  
  
詳しくはここをクリックしてね!


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。