「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収穫中のズッキーニ 

最近はあまりアップしていない収穫中の作物。
何故アップしないのかってのは、まぁ~色々と思うことがありまして。。。

今回は久々に。
ズッキーニ09/6/5(収穫)
相変わらずピンボケ写真ですみません。

長細い&丸ズッキーニです。

運が良ければ花ズッキーニも採れます。
花ズッキーニ09/6/11

長細いほうのズッキーニ。
縞々模様でしょ?
これ、イタリアのトスカーナ地方の品種。

日本の一般的な長細いズッキーニは緑一色ですが、こんなグラディエーションのズッキーニもありますし、丸っこいズッキーニもあります。

ズッキーニはその他にも黄色の物もあったりしますが、私は作っていません。

何故なら・・・・・どんな物か以前購入して食べてみたのですが、んんんんん~~~~。
珍しいからといって栽培するまでもないな、ってのが正直な感想でした。

うちは珍しい希少な野菜も作っていますが、それも味とか次第。
ただ単に色や形が珍しいだけで、味は今一って物や、使い勝手が悪いって野菜は沢山あるので、それらはお客さんと相談した上で作付け計画から外していきます。

代表的な物でいえば純白ナス。
(注 : 写真は昨年栽培していたもので、今年は栽培していません。)
白ナス08/7/10
綺麗な純白で確かに珍しいのですが、皮付きのまま火を入れると茶色っぽく変色するし、かといって皮を引いてしまっては真っ白なナスと言うのを伝えられない、しかも皮が硬いし。

味は美味しいですよ、でも使い勝手が悪いと言うか、実際に料理に変わった時に白さをアピールできない・・・致命的です。

供給側の自己満足だけで野菜を作っても意味がありません。
ちっぽけな農家だからこそ、市場性のリサーチを怠ってはいけませんにゃ。



今年もようやく梅雨に入りました。
ピーマンやナス、キュウリと言った水を好む野菜がグンッと生長する季節です。

でもズッキーニは受粉がし辛い季節ですから、お金をかけました。
ズッキーニ09/6/5(トンネル)
ちょっと窮屈そうですが、上からビニールトンネルを半開き状態で掛けてあります。
これなら雨に降られても花粉が濡れないし、受粉作業と収穫作業も簡単。

昨夜から今朝方にかけて雨が降っていましたが、立派に役目を果たし、今朝も開花している物には全て受粉作業が出来ました。

おかげでズッキーニだけで既にウン万円の売り上げを上げさせて頂いております。
購入していただいている飲食店さま、有難うございます!!




★自然栽培の研修受付中です。  
  
詳しくはここをクリックしてね!


スポンサーサイト

Comment

Name - サユール  

Title - 

ズッキーニ、今年は調子よさそうですね。やはり肝は受粉、ですな。

うちもそろそろ収穫が始まりそうです。黄色のズッキーニ、僕も作ったことがありますがやはりいまいち美味しくないのでやめてしまいました。

見た目は綺麗なのですが、それだけではね。やはり野菜は食べられてナンボのものですからね。
2009.06.11 Thu 21:48
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎サユールさん
何でもそうですが、多少の投資はしないと利益も出てきませんね。

受粉も順調に出来ていまして、トンネル支柱100本&ビニール100m分の代金は、本日出荷分で無事に売り上げを作る事が出来ました。

うちの野菜は希少価値のある物が多いのですが、意外と実用的な野菜ばかりなんですよ。

珍しい物ばかり追いかけては、変なスパイラルに陥ると思ってますから。
2009.06.11 Thu 23:18
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。