「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンマルツァーノ 

うちのブログを発見する検索ワードで一番多いのは、「あぐりーも」で検索してくれている人が多いです。

半分は私が休憩中に畑の近くにある、私の2ndオフィス(マンガ喫茶とも言う)でインターネットを使っているからなのだが、その次に多いワードが「サンマルツァーノ」で、たいてい毎日1~2件ほど検索されています。


私自身はこのブログで「サンマルツァーノ」の事を書いた記事数は少ないはずなんですが、何故かたくさん検索されているので不思議に思っています。

じゃ~、それならって事で今回はタイトルからして「サンマルツァーノ」にしてみました。
トマトサンマルツァーノ09/6/11

最初は作る予定は無かったのですが、種が余っていたので栽培する事にしました。
当初は気合いも入っていなかったのですが、発芽が余りにも順調だったので多目の数を作る事になってしまいました。


今までサンマルツァーノに限らず調理用のトマトを作る時は地這で栽培していたのですが、今年は支柱を立てて作っています。

理由は
① 地這はスペースが多くいる為。
② 地這は脇芽の管理がしにくく、収穫時になると密集して見逃す事が多かった。
③ 地面に近いのでどうしても土だと埃だのが付きやすい。
④ 腰を曲げずに済む。

こんな感じです。



上の写真は今日(6/11)に撮ったものですけど、長さが約3.5cmほど。

あと1ヶ月半くらいしたら収穫時期を迎えると思います。
その前に、梅雨の雨で病気にならないように ☆彡  (-人-;)  




ついでに同じナス科のピーマンです。
ペペロニ09/6/11(開花)
こちらは白い花がチラホラと目立ってきまして、受粉後まもなく実を付けてくれると思います。
今年のピーマンは赤と黄色に熟すまで待たなければいけませんので、あと2ヶ月は掛かるんじゃないかな?

気長な話です  ┐('~`;)┌  




★自然栽培の研修受付中です。  
  
詳しくはここをクリックしてね!




スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。