FC2ブログ

「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

農業は生業です 

この1ヶ月の間に急に何組か、うちの自然栽培での野菜作りに興味を持って頂いた方から研修の応募がありました。

うち2組は女性です。



今回のブログで書くことは、ある意味女性に対して批判になる事かもしれないので予めことわっておきますが、決して女性を蔑視していたり差別していたりするものでは有りませんのでご理解を。



2組の女性に関しては農業に対して漠然としたイメージ過ぎました。

どんな農業を展開していきたいの?と聞くと、よくTVなどでやっている自給自足スタイルの農業とか、消費者を畑に呼んでみんなでワイワイ楽しくとか、簡単に言ってしまえばそんな感じです。


ハッキリ言って私個人としては、農業で暮らしていくのはそんな簡単な事ではないと実感しているので、研修概要の説明に関しては、そんなお気楽なイメージを壊す説明から入ります。

農業は生業である・・・・と。

そうすると大抵は考え込んで辞退されてしまいます。


どうも野菜を楽しく作ることばかりに目が行って、暮して行くためにどう野菜を販売し、どう生計を立てるか、と言うことが抜けていることが女性には多いです。

今回の研修に応募してきてくれた女性に限らず、今までに見学等で来園してくれた女性のほとんどがそうしたファッション感覚と言うか、メディアに影響されたような感覚と見受けられます。

楽しく農業を、って。。。



いや、農業自体は楽しいですよ。
でも楽しいだけでは暮していけません。
男の身でも、キツイ肉体労働的な作業だってあります。

私は遊びで農業をしているわけではありません。
今はまだ少ない稼ぎですが、何年か後にはある程度の稼ぎを得られる事を目標に、生業として農業をしています。



もし可笑しく楽しくみんなとワイワイ農業がしたいなら、旦那さんの稼ぎをあてに、家庭菜園より少し大きな2反程度の田畑で悠々自適に農業をすれば良いのです。

芸能人とかでも楽しく農業をして、本を出したりTVに出演している人がいますが、あれも芸能活動と言う本職があるからこそ楽しそうに本を出したり、TVでネタにしているのです。

私が就農当時に農業をしていると言うと、殆どの人が「DASH村?」と聞いてきました。
楽しそうなイメージですもんね? 



私の農園で行う研修は、次世代を担う専業プロ農家を目指す人が対象です。

女性に限らず、男性でも、少しだけ農業をして多少売り上げがあって、自分で安全な野菜を食べて楽しく農業をしたいと言う人は他をご紹介します。



女性が農業をしても良いと思います。
でも、そこはプロの農家としてどう売り上げを立てて、生計をまかなえば良いのか?
そんな具体的なイメージを作ってください。

男性もそうですが、じゃないと農業委員会に農業をしたいと出向いても、「甘いんじゃない?」と門前払いを食らうのが関の山です。




★自然栽培の研修受付中です。(残り1枠です)
       
詳しくはここをクリックしてね



スポンサーサイト



Comment

Name - momiageneko  

Title - 

理解できます。
家庭菜園感覚で来られると迷惑ですよね、業としているのですから。

専業である私の義父は、菜園レベルの私に手取り足取りなんてありません。(聞けば教えてはくれますが、要点をひとことだけです。)
耕作人さんも、本来なら他人に教えている間も惜しい筈です。
それでも「受け入れる」って、すごいな、と思います。

そのへんも理解して申し込んでほしいものですね。
2009.06.24 Wed 10:18
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎もみあげねこさん
家庭菜園でもプロ志望でも見学に来る人はたいてい受け入れます。
しかもタダで。
中には見学料を徴収する農家もいますからね。

見学者が来ればある程度の説明をしますから、2時間は作業が潰れてしまうので、本来は見学料を徴収しても良いんですけどね? それこそ遊びでやっているわけではありませんし。

しかし見学料を貰うつもりはありません。
私なりの農業界への恩返しのつもりで、見学者の受け入れをしているのですから。

ただプロ志望なら、ある程度の心構えを作って来園して欲しいものです。
2009.06.24 Wed 11:57
Edit | Reply |  

Name - 松本自然農園  

Title - 有料にしたほうがどんなにラクか・・・

うちにも多くの見学者がきますが、生業として農業を見ている人はごく一部です。
これは男性女性関係ないですね、うちの場合。
10組きても1組くらいですね本気でやっていくかもと感じるのは。

メールでやりとりする時点でふるいにかけることもできるんでしょうけど、たとえ家庭菜園とか自給自足志望でも興味があって連絡をくれたんだからとなるべく受け入れるようにしています。
でも1ヶ月に5組受け入れただけで10時間とられますからね、痛い痛い。
2009.06.24 Wed 22:51
Edit | Reply |  

Name - たつま  

Title - 

全く持って同感!!


ビジョンが無く、TVでの表面的な情報に流されている方の多いこと!
こちらも生業としていて、次代の就農者を育てていこうと考えているから、なおさら厳しく突っ込んでしまいます。
でも、それくらいの覚悟が無いと出来ないし。
そういう時間を取られるのは正直痛いけど、それさえも拒んでいたら、就農者を増やすことは出来ないし。

さすがに見学だけでお金は頂く事はないけど、そんなところがあるんですね。
それはそれでビックリですが。。。
2009.06.24 Wed 23:38
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎松本さん
そうなんですよね。
来園すれば2時間程度は説明で時間をつぶしますからな~~~。

うちも家庭菜園であっても、プロ志望でも、男女関係なく希望があれば来る者拒まずで受け入れていますけど、今回の研修の件はやはり気合が入っている人がターゲットですから、気合が足りない人だと物怖じしてしまいます。

売り上げに関するかなり突っ込んだ事で脅し(?)ていますので(笑)






 ◎たつまさん
たつまさんも私もそうですけど、完全独学でここまで何とか来ましたからね。
お客さんなどとのご縁は大事にしますけど、基本は一匹狼じゃないですか?
考えが甘い人だと物足りなく感じてしまうのではないでしょうか?

見学料取るところ有りますよ。
私が知っているだけでも愛知県で3件ほど。

ナチュラルハーモニーの講習会とかでもそうですけど、プロが貴重な時間を費やすのですから、本来であれば見学料を取られても不思議ではないですよね?

今のところはボランティアで見学説明してますけど。。。
あまりにも見学が重なる時だと、見学料いただいて、払いたくない人は辞退しても良いくらいの気持ちになってしまうことも有ります。

ま・・・ボランティア精神で・・・なんとか。。。
2009.06.25 Thu 12:01
Edit | Reply |  

Add your comment