「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2週間禁止 

厳しいようだが研修生「大吉」くんに、2週間ほど農業機械の使用を禁止した。
この2週間の間だとマルチを張る野菜の作付けもあるわけで、重労働を強いる事になるが。

うちの研修制度では基本的に農業機械の使用は自由だ。
本人の仕事に必要であれば、自由に貸し出している。


ただ自由に使って良い以上、それなりに責任も負ってもらう。

昨日、私が久しぶりに管理機を動かそうとしたら、すぐに2箇所ほど異常を発見した。
タイヤの空気圧の低下(若しくはパンク)と、土の飛びすぎを防ぐ為のカバーを止める鋲が振動により取れてしまったようで、カバーの役目が出来ない状態だった。

トラブルとしては些細な事だった。
タイヤは結局自然に空気圧が下がった様だし、鋲も新しく取り付ければ済むだけだし。


ただこの異常に気づかずにそのまま使えば、タイヤはひび割れて使えなくなってしまうし、カバーはロータリー刃に当たってひん曲がるか、断裂して使い物にならなくなるとか、隙間から石などが飛んで怪我をする恐れが有るなど、修理等に余分な時間とお金がかかってしまう。


その事にすぐに気づかない機械に対しての労わりの無さと、報告がされなかった事に対してのペナルティーとして、農業機械の使用を2週間禁止しました。


私も会社員時代にはよく社用車を修理する羽目にさせた事はあるが、所詮会社の保険で何とかしてくれるってのが頭のどこかにあり、軽い気持ちで車に接していた。

これが自家用となると、保険代にしろすべて自己負担だから接触などの事故は極端に減った。


大吉君が将来独立するなら全てが自己負担になるわけで、機械を労わる感覚を研修時代にみっちり身に付けて欲しいと思い、あえて心を鬼にしました。
 (本当は1ヶ月の使用禁止を考えたのだけど、初回だし1ヶ月はちょっと可哀想かと・・・)


しかし今度そうしたケアレスミスがあった場合は、1ヶ月の使用禁止と、場合によっては修理代も請求することになるでしょう。

大吉君に限らず、研修している新規就農希望者の皆さん、農業機械は大切に使いましょうね





スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。