「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月はトマトが旨い 

実は今が露地トマトの一番旨い時期である。

今年何の手違いかはさっぱり原因が分からないが、チェリートマトを作るつもりが、収穫したら加工用のトマトだったという始末だった。

加工用のトマトというのは火を入れて初めて真価を発揮するので、生食トマト全盛のこの日本では販売に相当苦労した。

なんせ、生食しても酸味もなければ甘くも無いという代物なので。



しかしどうだろう?
ここに来てかなり糖度が増して、冷蔵庫でキンキンに冷やせば、生食してもかなりイケる味になってきた。
そして何よりも旨味成分であるグルタミン酸の味を物凄く感じる。

まぁ、これがチェリートマトだったらもっと凄い味になっていたのだが。。。




ところでトマトの旬って夏だろうか?
それともフルーツトマトが出回る4月頃だろうか?


僕としてはこの9月中ごろの露地物が一番美味しい時期だと思っている。


夏の露地トマトは旨味はあるが水っぽい。
4月のフルーツトマトは甘みはあるが、トマトトーンと言う薬剤でホルモン受粉処理されたものが多いから旨味と酸味がない。

対して、9月中旬ころは寒暖の差が顕著になり、しかも日中のお日様にもまだまだ力があるから、甘み・旨味が凝縮され始める。
さらに自然受粉したものなので酸味も乗ってくる。

トマトの美味しい条件が全て揃って来る時期だと思っている。

ハウス物では絶対に出ない味である。



「トマトの旬っていつですか?」って聞かれることがあるが、僕は迷わず「9月中旬です!」って答えます。

残念ながら数が少なくなって出荷は取りやめました。
自家用で美味しいトマト喰ってます



PS:トマトはハウス栽培が盛んになり安定的に収穫できるようになりましたが、
   一方で昔ながらのトマトの味わいを知っているお年寄りなどは、トマトが不味くなったと
   残念がります。

   この不味くなった一番の原因はハウスだけではなく、トマトトーンと言う薬剤が主な
   原因だと思っています。

   実際に私が知っているトマトトーンを使っているトマト専門農家さんも、トマトトーンを使うと
   酸味がなくなると言っています。


スポンサーサイト

Comment

Name - たつま  

Title - 

おしゃるとおり、露地物トマトはまさに今が旬ですよ~

寒暖の差もさることながら、赤くなるための積算時間が1200度なので、真夏だと平均30度以上の気温なので40日前後で収穫。
対して、気温が5度下がれば48日、10度下がれば60日と熟すのに時間がかかります。
つまり、味が乗ってくるんですよ~

うちのトマトは早々に病気になって引っこ抜きましたが・・・(涙)
2009.09.18 Fri 19:45
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - 

 ◎たつまさん
おっ!
さすがマイスター!
具体的な数字を有難う。

>うちのトマトは早々に病気になって引っこ抜きましたが・・・(涙)

品種によっても雨に強い物、弱い物が有るような気がします。

うちは3種類やって1種類は根腐れでほぼ壊滅しましたが、ハウスの中ではその品種も収穫できていました。
2009.09.19 Sat 12:44
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。