「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心苦しいのですが、、、 

今週に入って2件ほど商社さんからお取引の問い合わせが有り、その2件とも心苦しいのだがお断りさせていただいた。

その2件はどちらも関東方面から問い合わせで、特にそのうち一件は魅力的だったのですが、それでもお断りさせていただいた。


今の作付け規模でこれ以上の新規のお取引を増やすのは、非常に微妙で、しかも取引が大きくなる可能性がある商社さんならなおさらだ。
既存のお客様1件1件への納品量を削らなくてはいけなくなる。

ただでさえ少ないと思っているのに、これ以上少なくなるのは既存のお客様に対して申しわけがない。




もう一つはちょい前にも書いたが、できるだけフードマイレージを少なくした取引を進めたいとの意向もある。


東京や関東方面には会員制で有名なN・H社、卸業者で有名なT・M社など自然栽培野菜が集まる会社があり、多くのベテラン自然栽培農家がそこに出荷している。


対して名古屋というのは一応大都市と言われているのに、そうした自然栽培の専門的な卸業者がまだまだ育っていない。

これの理由の一つとして、青果物の相場が東京に比べると低い事が挙げられるだろう。
全体相場が低ければ、いくら付加価値がある自然栽培品と言えども高く感じてしまうでしょ? 消費者の感覚として。

そうすると高値で取引できる東京に流れていってしまうのだ。
 (私は地元大好きなので、地元優先だが・・・)


ただ、私のところに集まってくる情報では、名古屋でも自然栽培に注目している卸業者さんはチラホラと出て来ている。

まだまだ小さな流れだが、飲食店さんや卸業者さんに育ててもらうと同時に、名古屋のそうした卸業者さんを育てていかなければいけないと、小さな自然栽培農家ではあるが感じている今日この頃です。


スポンサーサイト

Comment

Name - たつま  

Title - 

確かに!

うちにも問合せはちょくちょく入りますが、既存のお客様を優先するので、お断りする場合が多いです。
申し訳ないんですけどね。。。
特にうちの場合は、作付け面積の問題が大きいです。

「名古屋発」「愛知発」でいいじゃないですか!
僕も、そういう取組みをやって行きたいと考えています。
2009.09.20 Sun 19:56
Edit | Reply |  

Name - 耕作人  

Title - Re: タイトルなし

 ◎たつまさん
うちも作付け面積(+ウデも +資金も)に問題ありです。。。

先日の相談事ってのは、まぁ~こんな感じの事です。
そのうち時間を作りませう!
2009.09.21 Mon 13:17
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。