「自然農園あぐりーも」fattoria naturale Agri-Mo イタリア野菜・西洋野菜・愛知の伝統野菜を自然栽培で! 

愛知県大府市にてイタリア野菜を始めとする西洋野菜と、愛知の伝統野菜を中心に栽培し、                                   イタリアンやフレンチのレストランに野菜を販売している農家です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試し掘り 

まだまだ続いている残暑と、雨が降らないので、最近シンクイ虫による食害が目立ち始めました。


9月前半の気温が意外と低かったので、早めに種を蒔いたのですが、今ではそれがあだになっているようです。
やはり種を蒔く時期はキッチリと守ったほうが良いですね。

少なくなった種類に関しては、今月中になんとかもう一度種を蒔き直そうと段取りしなくては



話し変わって今日の本題。

里芋を試し掘りしてみました。

あまりお見せしたくありませんが、今年は。。。
八名丸里芋09/9/24(試し掘り)
ち・・・・・・小さいです

容器の大きさは縦約12cm×横約18cmですから、それから想像しておいてください。


8月後半から今にかけて殆ど雨が降らない、おまけに灌漑設備がない畑、更におまけで砂壌土で乾きやすい畑なので、里芋の葉が8月下旬に枯れだして、今では小さな葉までクルクルに巻いて光合成できないので、土の中の芋が育たなかったと言う有様です。


来年も作る予定してますが、今年とは真逆のことをするしかないですね。

雨は自然条件なので省くとして、灌漑設備がある転換畑に作る。
+エンジンポンプも予備で購入する!

今良いな~って思っているエンジンポンプはこれ

Wフランジタイプで最初からサイズの違う吐出口が2つ付いているから、作業用途で一台二役に使い分けられます。

当初は25mmの細口の方しか用はないと思いますが、再来年あたりには50mmの大口の方も使いたいですね~。

ホームセンターで似たようなタイプも売ってますが、3万円出せばお釣りが来ます。

 
ちなみに写真の里芋はこれで1株分で、植えつけてあるのが約200株ですから、あっちゅう間になくなると思います。


スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。